アセキュー

面接と汗っかきのシャツ。面接で透けるシャツと乳首が濡れるのが悩み


私はこの4月から新卒となりました。去年までは就職活動でほとんどつらいことばかりで大変でしたが、社会人2ヶ月目も頑張っていこうと思います。性別は男です。これからお話することは私が就職活動の際にとても苦労した汗の経験になります。これから就職活動を控えている方は参考にしてもらえるといいと思います。

汗は面接の天敵。隠すことができない汗は困ります。

私は部分的によく汗をかきます。首元や胸、脇、おしりなどです。かなり新陳代謝がいいほうですし、緊張するとドバドバ汗が流れ出てきます。就職活動をはじめてこれまでほとんど着ることのなかったリクルートスーツを着て面接会場まで向かうのですが、とにかく行く途中で必ず汗をかきます。

2月や3月にインターンシップにいくときは季節的にそこまで汗で悩むことはなかったのですが、これが6月、7月、8月、私の場合最終内定が9月だったので、汗が酷かったものです。汗をかくと面接官によく見られるのが、評価を下げるところかと思います。

私の場合汗をかき出すと首や脇や乳首あたりが濡れて面接官によく見られました。首はまだ襟が汗を吸うので隠せますが、脇や乳首はどうすることもできません。まだジャケットを羽織るとかろうじて脇汗ならなんとか隠し通せる事もできなくはないですが。

ですが、とくに最終期ではクールビズでよくジャケットを脱いでもいい指示もありましたが、むしろジャケットを脱ぐことによって汗で濡れている部分を露わにしてしまうことに繋がります。なので私は強制でない限り、必ずジャケットを羽織って面接に臨むようにしていました。意外にもクールビズ指定でもわりと他の就活生もジャケットを羽織っているのでそこまで浮くことはありませんでした。

緊張汗と面接は相性抜群です。

面接会場によっては冷房がないところ、不十分だが効いているところ、逆に寒すぎるくらい効いているところと分かれます。ただでさえ、暑いのでエアコンが無いと汗は止まりません。冷房がかなり効いていて、普通の人なら汗をかかないのですが、私のような人間は緊張したり面接官の受け答えやグループワークで一生懸命になるだけで大量の汗をかいてしまいます。

そうすると内心は汗止まってくれと祈るのですが、それが余計に発汗をエスカレートさせて、面接中に汗まみれになります。汗まみれになると、落ちたなと考えるようになり、面接中の受け答えも半ばテキトーになってしまいます。

汗かきな私は社会にとって不必要な存在なのでしょうか。

正確ではありませんが就職活動で受けた会社は130社くらいになります。その中で内定をもらえたのが2社だけでした。周りのみんなは内定3社や5社とか喜んでいるのを横目で羨ましいと思いつつ、私だけなんでこんななんだと精神を追い詰めていました。

完璧に受け答えできたらなと思っても、どうせ私は面接中に汗をかく面接弱者だから仕方ないのだと諦めていました。そんな私でも、なんとか2社だけ内定もらえましたし、もしこれから就職活動で汗の悩みをお持ちの方は諦めないでほしいです。

たしかに汗かいている人とスマートに受け答えできる人では、第一印象は汗かきの人は遥かに劣ると思います。シャツが濡れている、乳首が濡れているなんて恥ずかしくてたまらなかったです。死にたかったです。でも、そんな汗っかきの私を受け入れてくれる会社が必ずあって、そんな状況でもなんとかなるので、頑張ってください。

汗対策。自己流です。

ちなみに私の就職活動の最終期の汗対策ですが、あまり人におすすめはしていません。面倒だと思いますし、真似をする人もいないので、軽く記載するにとどめます。今までは家から帰るまで同じスーツでした。

でもそれだと汗で濡れるので、せめて面接中だけでも最低限の汗にしようとしました。家を出るときは私服、面接会場の近くのコンビニのトイレもしくは面接会場がビルなら違う階のトイレで私服からスーツに着替えるようにしていました。なのであまり役に立たないかと思います。

【口コミ】テサランを3ヶ月体験した感想!手汗レベル3に効果ある?

特集記事一覧

プロフィール


はじめまして。当サイトを運営しているまっきーです。

(自称)多汗症コンサルタントとして150名以上のコンサルタント経験を持ちます。

10年以上にのぼる医学知識と検証をもとに、汗と臭いの悩みを解決する情報を発信していきます。

サイトマップ