アセキュー

【用語説明】女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)


女性ホルモンとは何か、また卵胞期と黄体期とは何か簡単に説明します。

女性ホルモンとは

人体にはたくさんのホルモンがありますが、そのうちの特に女性の生殖腺に大きく関与している性ホルモンを女性ホルモンといいます。別名、雌性ホルモンともいいます。女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン、ジェスタージェン)の2種類があります。

この2種類のホルモンは一定のサイクルで分泌量が変わっていき、ホルモンの割合が変わります。変化するホルモンバランスの関係で、生理や妊娠・出産といった身体の状態や、精神状態にも影響を及ぼします。

エストロゲン(卵胞ホルモン)は特に女性の丸みを帯びた体つきに大きく影響するホルモンです。女性の柔らかい肌や、髪のハリなどを維持したり、卵巣の排卵を制御したり、その他人体の活動の様々な役割に影響します。

性ホルモンとしても機能しますが、人体にも元気を与えてくれるホルモンです。一方で、プロゲステロン(黄体ホルモン、ジェスタージェン)は妊娠しやすくなるよう受精後の子宮環境に働きかけます。また、妊娠した後も、妊娠の維持活動にも働きかけます。

卵胞期と黄体期とは

この2種類の女性ホルモンがどういう割合なのかで、卵胞期と黄体期と分かれます。卵胞期は、生理~排卵までの時期です。この時期はエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が比較的多くなります。エストロゲン(卵胞ホルモン)が多くなると、その影響で子宮内膜が厚くなっていきます。その後、排卵があり、卵子が排出されます。

黄体期は、排卵後~生理までの時期です。この時期はプロゲステロン(黄体ホルモン、ジェスタージェン)の分泌が比較的多くなります。排卵後の卵胞が黄体に変化して、その黄体からプロゲステロン(黄体ホルモン、ジェスタージェン)が多く分泌されます。

プロゲステロン(黄体ホルモン、ジェスタージェン)が多くなると、その影響で子宮内膜はより厚く、より妊娠に適した身体の状態になっていきます。生理、卵胞期、排卵、黄体期のサイクルを定期的に繰り返す中で、2種類の女性ホルモンの割合が変化していきます。そして妊娠をすると、黄体は妊娠黄体となります。妊娠後、プロゲステロン(黄体ホルモン、ジェスタージェン)は継続的に生産、分泌されていきます。

【口コミ】テサランを3ヶ月体験した感想!手汗レベル3に効果ある?

特集記事一覧

プロフィール


はじめまして。当サイトを運営しているまっきーです。

(自称)多汗症コンサルタントとして150名以上のコンサルタント経験を持ちます。

10年以上にのぼる医学知識と検証をもとに、汗と臭いの悩みを解決する情報を発信していきます。

サイトマップ