アセキュー

バドミントングリップが手汗で滑る!グリップやラケットの手汗対策


僕は今中学2年の14歳男です。部活は男子バドミントン部に入ってます。愛用兼試合用ラケットは、お父さんに買ってもらったアークセイバーFBの色はレッドです。もう一本は練習用としてマッスルパワー7を使っています

それで僕の悩んでいることは、バドミントンをすると全身の汗が噴き出して止まらなくなることと、一番困るのが手汗がひどくて握っているタオルグリップが滑ることです。前に県大会の大事な場面でタオルグリップが滑って試合に負けたことがあるので、それ以来僕が「今してるバドミントンのタオルグリップの手汗対策」と「将来高校生になったら考えている手汗対策」を教えます。
→バドミントンの手汗対策はこちらをクリック

    • 彼の悩みは「手汗でバドミントングリップが滑ること」だね。私も中学はバドミントン部だったので気持ちが痛いほどわかるな


バドミントンを始めたきっかけ

僕は小学校のときからからバドミントンに惹かれてクラブ活動に入りました。僕のお父さんも大学までバドミントンをやっていたそうで、お父さんがお仕事から帰ってきたら、家でも僕の素振りやフットワークの改善点がないか毎日教わっています。

小学校のころに「上手くなりたいならウエスタングリップをやめて、イースタングリップをメインにしなさい」と言われてラケットのグリップの握り方を変えたことがあります。個人成績は県大会に一度出場して2回戦のファイナルゲームで敗北しています。今年こそ地方大会や全国大会まで行ってみたいです。

手汗が出る過酷なバドミントンの練習環境(サウナ状態の体育館)

バドミントン部は体育館のコートで練習を行います。風の影響が大きいので少しでもないように窓はすべて閉め切ります。それと暗幕をすべて下ろして、風も太陽の光もすべてをシャットアウトした空間で練習を行います。

時間や曜日によってはバスケ部やバレー部の連中が体育館の半分側で練習しているのですが、あいつら休憩時間に勝手に扉や窓を開けっ放しにするので迷惑です。そういうときは僕たちバドミントン部員全員で「おい、閉めろバカ!!」と怒号を浴びせます。

夏場はまさに体育館全体がサウナ状態になります。練習しなくても体育館にいるだけで意識がもうろうとしますし、手や顔や背中も足も全身から汗が止まらなくなります。そんな状態で過酷な練習をするため、僕はタオルをいつも3枚用意しています。

はじめの1枚目が汗でびちゃびちゃに濡れれば、外の手すりに干して乾かしに行きます。それで2枚目も3枚目も同じようにタオルのローテーションをしないと本当に保ちません。これが本当のバドミントンの環境です。たまに公園でやっている人たち見ますけど、あんなお遊びじゃなくて、僕は本気でしかバドミントンをする気はないです。

    • 空気がこもって夏場の体育館で脱水症状や熱中症になりやすいから、バドミントンの練習環境はほんとに大変なんだよ

→バドミントンの手汗対策はこちらをクリック

バドミントングリップの種類(インナーグリップ・アンダーグリップ・オーバーグリップ)

バドミントンのラケットには3つのグリップを巻きます。1つは最初から巻いてあるインナーグリップです。でもこれだと力も入りにくいですし、コントロールもしにくいんです。なのでふつうは、オーバーグリップ(ウェットグリップやタオルグリップ)を巻きます。

あとは中間にはアンダーグリップを巻きます。アンダーグリップを巻くのは、インナーグリップとオーバーグリップだけだとグリップ同士が滑ってしまったり、僕みたいにグリップを太くした方が力を入れやすくて好きだったりするので、ラケットの操作性とか人の好みで巻きます。たまに中間グリップ巻かない人いるのでおもしろいなーと見てたりします。

手汗によるバドミントングリップのお酢の臭いやカビの繁殖

それでオーバーグリップは人によってどっちにするか好みが分かれるんですけど、僕は基本タオルグリップ派です。どうしてかというと、手汗をいっぱいかく僕的に、ウェットグリップよりタオルグリップのほうが汗を吸収してくれますし、時間が経つと自分の手にフィットするからなんです。メーカーは最初キモニーだったんですが、今はヨネックスを使ってます。

タオルグリップって使うほど、ラケットを握る力とか自分の癖によってタオルグリップの形が少しずつ変わっていって、ちょうど手にぴったりなじむんです。使えば使うほど僕専用のグリップの形になります。ただ、練習をしているうちにどんどん手汗をかいていくので、タオルグリップの吸収可能な汗の量を超えてしまいます。

とにかくルグリップが手汗で滑るんです。そうすると自然乾燥だと全然かないですし、シャトルのコントロール力も失われます。家で試しにドライヤーで乾かしたら変に固くなってカピカピ?になりました。

それからはいろいろ考えてリストバンドをして腕から伝わってくる汗を抑えたり、タオルグリップを汗ふきタオルでくるくる巻いて一気にぎゅって絞ってタオルグリップから汗を減らそうとするんですが、すぐに手汗をかくのであんまり効果はないです。ひどいとカビが生えたりお酢っぽい臭いもして、チームメイトに「お前のグリップ臭い!」って非難されます。
→バドミントンの手汗対策はこちらをクリック

    • 家にラケットを忘れて友達にラケットを貸してもらったことあるけど、その友達のグリップがとにかくお酢臭くてそれ以来絶対に忘れないって決意したの思い出したよ(苦笑)

    • あれ?まっきーさんは手掌多汗症ですよね?グリップ臭わなかったんですか?

    • もちろん臭ってたよ。でもすぐに新しいグリップに取り替えてたからそれほど気にならなかっただけかな

グリップだけじゃない!?バドミントンラケットも手汗で汚れる

あとすごく馬鹿みたいですが試合中にスマッシュを打とうとしてグリップが滑ってバドミントンラケットが飛んでいったこともあります。本当に投げるつもりはなかったしバドミントンラケットを傷つけることはしたくありません。おかげでラケットのフレームのメッキ部分が一部はがれているし。

それと僕は今黒色のガッドを張っているんですが、もともと白色のガッドでした。でも白色のガッドだと手汗のせいか茶色?黒っぽい?ような変な黒ずみができて、恥ずかしくてもう白色のガッドは使っていません。あとチームメイトの白色のフレームも黒ずみみたいな跡があるんで、たぶんですけどバドミントンラケットのガッドやフレームも手汗で汚れるのかと思います。
→バドミントンの手汗対策はこちらをクリック

バドミントングリップの手汗の滑りで県大会に敗北する

前に県大会に行ったとき、僕はシングルで出たんですが、2回戦まで行きました。愛用のアークセイバーで1回戦からファイナルゲームを戦い抜き勝利しました。2回戦では21-18で相手に1ゲーム最初に取られ、2ゲーム目は相手と僕が21-20となり、あと1点取られると、2ゲーム先取で相手が勝ってしまう状況でした。僕は絶対に負けたくないと強く思いました。

勝って地方大会、そして全国大会に行くんだと本気で負けたくありませんでした。相手から強烈なスマッシュがきて、なんとか返球をし、その後クリアの応酬、ネット際でのヘアピンの応酬を経て、今度はドライブの打ち合いにもつれ込みました。

この選手とはこのラリーが一番長かったです。お互いに全力で打ち合い、お互いに息も切れで、心臓バクバクで、楽しくて、最高のラリーでした。でも、ここで手汗が思わぬ悲劇を生んでしまいました。

このとき1回戦のファイナルゲームの戦いのせいで、既に僕のタオルグリップは絞ると手汗が落ちてくるくらいびちゃびちゃに濡れていました。それに2回戦も2ゲーム目の最終場面で、もう正確なシャトルのコントロールができなくなっていました。

相手からの何度目かわからない強烈なドライブの返球をしようとしたとき、タオルグリップが滑り「カンッ!」と響きフレームショットになりました。結果僕の返球はネットを超えず、22-20となり僕は負けたのです。真剣勝負なのでこういうアクシデントもふまえて僕のミスだったとも思います。

でも、本音で言えば後味がすっごく悪いし、すっきりしていません。負けるなら気持ちよく強烈なスマッシュかせめてプッシュとかで負けたかったです。県大会での最高のラリーの敗因が、手汗でタオルグリップが滑ったことによる返球ミスなのが悔しくてなりません。負けたので次の試合のスコアシートを書いている時も手汗が止まらないし散々でした。

    • ドライブ、ハイバック、オーバヘッドストローク、ロブ、ヘアピンとかって親指の位置を瞬時に切り替えないとコントロールに響くんだよね。ショット以外にもダブルスの前衛になった時とかはイースタングリップよりウエスタングリップの方が打ちやすい場面もあるし。だからグリップが滑って負けた彼は正直悔しいだろうな

中学生の現在できるバドミントングリップの手汗対策

【画像引用】楽天市場https://www.rakuten.co.jp/

この試合の後から、もうあんなミスをしたくないので常に予備の新品のタオルグリップを5つYONEXのスポーツバッグに突っ込んでいます。バドミントンの環境や運動量だと体や手の汗をかかないようにするのは絶対に無理なんで、大事な試合前は、必ずタオルグリップを交換したり、試合が終わる度にタオルグリップを交換しています。

巻き直した直後は、そのまま試合に出るとまだ手になじんでいないので、外で1時間ほど素振りしたりして、ちゃんとシャトルをコントロールできる状態までグリップを作ってから試合にのぞんでいます。こうすれば、タオルグリップの汗の吸収力は保ちますし、カビも生えないし、変なお酢みたいな臭いはもうしません。

それとウェットグリップは無理で、僕みたいにタオルグリップにしか使えませんが、タオルグリップの滑りを防ぐYONEX製の滑り止めのグリップパウダーも買いました。たまたまいつも行くお店で新しいラケットやシューズとか見ていたら見つけてしまいました。テニスとバドミントンどっちにも使えるみたいで、僕は手にもつけてからタオルグリップにも振りかけています。

でも、いつも新品のタオルグリップを買って交換する頻度が増えているので、僕のおこづかいがどんどん少なくなっています。お母さんも「タオルグリップ買ってあげたから今月はアクエリアスなし!」と言って、アクエリアスを買ってくれないこともあります。もっとバドミントンをうまくなりたいのでお金がかからない手汗対策があれば教えてほしいです。

高校生になったときに試すバドミントングリップの手汗対策

それと僕はまだ中学生でおこづかいも貯金も全然ないので、高校生になったらたくさんお金をためて、試してみようと考えている手汗対策があります。お父さんに県大会のミスを報告したときに、お母さんに手汗を少なくする方法がないか聞いてくれました。

お母さんから聞いたのは手汗を止めるぬり薬や病院でもらう飲む薬や、よくわからないんですが手汗を止める手術があると言ってました。ただぬり薬や飲む薬は、僕が期末試験で成績30位に入ったら買ってくれるそうで、今は買ってくれていません。お母さんもお父さんもケチですが、仕方ないので勉強がんばります。

手汗を少なくするだけなのに手術は意味わからなくてこわいし、たぶんお金持ちの大人の人がすると思うので僕には関係ないと思います。でも、ぬり薬や飲む薬なら僕にも手が届きそうなので、高校生になったらアルバイトを探して、少しずつ貯金をためて、別に成績30位以内じゃなくてもぬり薬や飲む薬の手汗対策を試してみようと考えています。

    • 下記は手汗用制汗剤の『テサランを実際に購入して3ヶ月間使ってみた感想』についての記事です

“今手汗で本気で悩んでいて”、“今すぐ手汗対策をしたい”方は必ずご覧ください。

テサランを実際に使ってみた感想はこちらをクリック▼

【口コミ】テサランを3ヶ月体験した感想!手汗レベル3に効果ある?

特集記事一覧

プロフィール


はじめまして。当サイトを運営しているまっきーです。

(自称)多汗症コンサルタントとして150名以上のコンサルタント経験を持ちます。

10年以上にのぼる医学知識と検証をもとに、汗と臭いの悩みを解決する情報を発信していきます。

サイトマップ