アセキュー

手汗と乃木坂46の握手会。衛生を意識するファンへ成長


私は高校2年の男子高校生です。私は乃木坂46を数年前からファンになり、握手券をもらうためにCDを買ったりとおこづかいをファン活動に費やしています。私は緊張すると手汗がかなり出てくるのが悩みとなっています。普通にしていれば特に気にはならないのですが、緊張した途端ズボンで拭いても拭いてもずっと濡れます。

はじめての握手会での失敗。手汗が止まらなくなり、ファンとしてあるまじき行動を取ってしまいました。

中学のときに初めてライブの後にサイン会と握手会を同時に行う事がありました。それに参加をしたのですが、私の番が近づくにつれ緊張で手汗が全く止まらなくなりました。でもわくわくで、手汗が出ていることは気づいていましたが、とくに問題とは感じていませんでした。

そして私の番が回ってきて、ほんの少しの間だけお話をしてテンションMAXの状態で握手をさせて頂きました。大好きな乃木坂46の方々がこんな間近に、そして私に対してニコニコ笑いかけてくれる幸せな時間でした。嬉しくて嬉しくてあの瞬間を二度と忘れることはありません。

でも、イベントが終わり、電車で家に帰っている時にふと気がついたのです。あのとき手汗をどうしたっけ。思い返してもいつもみたいにズボンで手汗を拭いた記憶がなく、あのときの緊張度からすれば手汗の量はいつもの何倍もかいていたはずです。私は、手汗も拭かずに乃木坂46の方々のお手を汚してしまったのです。やってはいけないことです。絶対に私が握手をした時に、絶対に気持ち悪かったはずです。絶対にです。

人と接触するときは手汗を拭くためにハンカチを持つようになりました。

そのことがショック過ぎて、翌日学校でしたが、親に風をひいたと言ってズル休みをした記憶があります。布団で寝ている間も後悔の念がおそってきて、また握手会にいくときの不安で胸がいっぱいになりました。悩んでいる途中で考えたのが、今までズボンで拭いていたのを、握手する前にハンカチで手汗を拭き取る癖をつければいいのではないかと思いました。

これまでハンカチなんて一度も入れたことはなかったのですが、そう考えてからはハンカチをポケットに持ち運ぶように習慣づけました。面倒でしたが、これもすべて次の握手会で乃木坂46の方々のお手を汚してしまわないためと考えれば、強く意識を保つことができました。

その目的以外でもハンカチが役に立ったことがあります。ある1限目の授業中に、隣の席の女子が筆箱を忘れたことがあり、仕方ないのでシャーペンを貸そうと思いました。ただし、あまり喋ったことないやつだったし、それなりに顔はかわいいほうで、どう声をかけようかと考えているうちに逆に自分が緊張してしまい、自分の手汗の量がかなりやばいことに気づき、内心パニックになっていました。

まさかズボンで拭いたシャーペンを貸すのはさすがにどうかと考え、やっぱり貸すのはやめるかと思い始めていました。でも、本当に困っているようで、なんとかシャーペンを貸したいと思い、そのときにハンカチがあることに気づきました。

隣の女子にバレないようにハンカチを取り出して手汗を拭き取り、すかさずシャーペンを机の上に置いてあげて、「それ使ったらいいよ。明日返してくれればいいから。」とハンカチのおかげで貸すことができました。

ハンカチ常備の習慣化を身につけ、衛生を意識するファンへ成長できました。

手汗がきっかけでもう二度とやってはいけない猛反省をして、結果的にハンカチを持ち歩く習慣を身につけました。そして、今では握手会でも、他に緊張することがあったときでも迷わずにハンカチで拭いてから行動できるようになりました。

最近では、2つの目的のハンカチを持ち歩く技を習得しました。1枚はいつもの手汗を拭き取る用、もう1枚は完全握手会専用ハンカチです。完全握手会専用ハンカチはもちろん握手会に参加する時だけに使う私の武器です。

    • 下記は手汗用制汗剤の『テサランを実際に購入して3ヶ月間使ってみた感想』についての記事です

“今手汗で本気で悩んでいて”、“今すぐ手汗対策をしたい”方は必ずご覧ください。

テサランを実際に使ってみた感想はこちらをクリック▼

【口コミ】テサランを3ヶ月体験した感想!手汗レベル3に効果ある?

特集記事一覧

プロフィール


はじめまして。当サイトを運営しているまっきーです。

(自称)多汗症コンサルタントとして150名以上のコンサルタント経験を持ちます。

10年以上にのぼる医学知識と検証をもとに、汗と臭いの悩みを解決する情報を発信していきます。

サイトマップ