アセキュー

500ml制汗剤は国内線に機内持ち込みできる?手荷物検査を通過する方法


楽しみにしている修学旅行、夏場や年末の地元への帰省、沖縄や北海道への家族旅行。そんな時JALL、ANA、スカイマークなど国内線がある空港を使う方は多いと思います。でも、国内線の機内持ち込み荷物に制限や禁止物があると聞いて、いつも使う制汗剤や化粧品が持ち込めないとすごく困る…

このような心配をされている方は多いでしょう。そこで今回は「制汗剤を国内線に機内持ち込みする方法」についてお伝えしていきますので、ぜひご覧ください。

→国内線の手荷物検査の通過方法はこちらをクリック
→国内線・国外線共に持込み可能な25gの制汗剤はこちらをクリック

航空保安上の『液体物』とは?

私たちが通常『液体物』を想像すると、ペットボトルに入ったお茶や蛇口から出る水道水などを思い浮かべると思いますが、政府や航空機関が定める液体物はもっと広い意味を持ちます。

航空保安上の液体物とは、「液体」「ジェル」「エアゾール(スプレー)」など、『何か固定された容器に入れないとその状態を保つことができない、あるいは空気中に霧散してしまうような質量ある物質』を指しています。下記に幾つか例を挙げてみます。

  • ヘアスプレー(ケープなど)、クリーム、ワックス、ジェル
  • 制汗剤(制汗スプレー、クリーム、ロールオン)※エタノールを含んでいてもOK
  • 日焼け止めクリーム、スプレー
  • シャンプー、リンス、ボディーソープ、洗顔フォーム
  • シェービングジェルやフォーム
  • 虫除けスプレー※殺虫剤はダメ
  • 化粧品(マニキュア、マスカラ、ビューラー、ネイル、ファンデーション、香水、アイプチ、化粧水、乳液、目薬、歯磨き粉)
  • 精製水、コンタクトレンズの保存液

よく女性が使う髪をまとめるケープやマスカラなども液体物に含まれます。液体物とみなすルールは国際民間航空機関(ICAO)に加盟している国家間なら、大体は共通しているので国内線、国外線ともに注意しましょう。

→国内線の手荷物検査の通過方法はこちらをクリック
→国内線・国外線共に持込み可能な25gの制汗剤はこちらをクリック

500ml制汗剤は国内線に機内持ち込みできる?

結論、国内線にも制汗剤や化粧品は持ち込むことが可能ですし、海外旅行や留学に使う国外線よりも国内線は圧倒的に規制がゆるいです。ただし預け入れ荷物(チェックイン時のスーツケースなど)や機内持ち込み手荷物(持ち込むバッグなど)にもある程度持ち込み制限があるので、下記にルールを記します。

  • 直接皮膚に付けるもののみを「化粧品類・医薬部外品」と定める
  • 1容器につき500ml(g)までの制汗剤や化粧品
  • 制汗剤などの合計は最大2000ml(g)まで
  • スプレー缶などの噴射弁は必ず誤噴射が起こらないように対策する

制汗スプレーや日焼け止めクリーム、虫除けスプレーなどは直接皮膚に付けるものですが、一方で衣類の消臭スプレーや殺虫剤は皮膚に付けるものではないので許可されません。

またスポーツ用の冷却スプレーやメンテンス剤、花火やクラッカー、火気厳禁と書かれた工業用のスプレー、ガスコンロ用の高圧ガス、潤滑油なども引火性が強いので機内には持ち込めません。一方で、例えエタノールが含まれていて引火性があろうとも、皮膚につける制汗剤や化粧品は機内に持ち込めます。

制汗剤やヘアスプレーは1容器につき500mlまでですが、スプレータイプでも120ml~200mlが平均的ですので、容量オーバーで保安検査に引っかかることは珍しいです。そのままカバンやバッグの中に入れたまま、1つも出さずにX線検査に出してしまいましょう。

それに、たかだか数時間だけの飛行機の移動で100mlを使い切ることは難しいですし、移動だけなら50mlあれば十分でしょう。預け入れ荷物に100ml程度の大きめの制汗剤を入れれば、5泊6日などの修学旅行などでも制汗剤がなくなる心配はありません。

→国内線の手荷物検査の通過方法はこちらをクリック
→国内線・国外線共に持込み可能な25gの制汗剤はこちらをクリック

    • 最大が2000mlなので、100mlなら20個の制汗剤。まず絶対に使い切れないね

    • そうするとけっこう余裕あるかんじですね!

【真偽】制汗スプレーは爆発するから機内に持ち込めない?

「スプレー缶が気圧で爆発する」と噂されますが、航空法によって機内は0.8気圧以上に操作(与圧)される決まりがあるので、整備不良や機械トラブルがない限りありえません。とはいえ、まだ一度も飛行機に乗ったことがない中学生や高校生くらいだと心配してしまうようですが、スプレー缶は爆発しないので安心しましょう。

ただし、機内持ち込み手荷物、預け入れ荷物ともに何かのはずみでスプレー缶の誤噴射が起こると他の乗客への迷惑行為になります。なので制汗剤にキャップや蓋をする、キャップがない場合は噴射弁を押しても使用できないように、ガムテープ等で誤噴射対策をすればスプレータイプの制汗剤や化粧品も持ち込み可能です。

→国内線の手荷物検査の通過方法はこちらをクリック
→国内線・国外線共に持込み可能な25gの制汗剤はこちらをクリック

    • 蓋がどこかにいってしまって誤噴射対策が面倒な時は、そもそも機内にスプレータイプを持ち込まない手もあるよ

    • そうするとロールオンタイプやクリームタイプですか?お試し用の小さいサイズもありますよね

    • うん。スプレータイプは預け入れ荷物に入れておいて、現地ではそっちをメインに使うと効率的かも

国内線も国外線も機内持ち込みできる100ml以下の制汗剤

国内線も国外線も機内持ち込みできる「商品本体が100ml以下の制汗剤」について見ていきます。どれもコンビニやドラッグストアなどで簡単に手に入るものばかりなので、参考にしてください。




『8✕4ロールオンせっけん45ml』『8✕4MENロールオン無香料60ml』『エージーデオ24メンズデオドラントロールオン無香料60mL』とも容量が100ml以下のため、国内線、国外線問わず機内持ち込みが可能です。それに50ml程度のほうが荷物もかさばらないので、都合がいいと思います。

→国内線の手荷物検査の通過方法はこちらをクリック
→国内線・国外線共に持込み可能な25gの制汗剤はこちらをクリック

国内線のみ機内持ち込みできる500ml以下の制汗剤

手荷物検査がゆるい国内線検査のみ通過できる「商品本体が100ml以上500ml以下の制汗剤」となります。

※国際線では制汗剤を100ml以下に小分けをして、一つのプラスチック袋にまとめないと機内持ち込みできません。しかも最大容量1000ml(g)だけです。


『8✕4MENフットスプレー135g』は内容量135gですので、国内線基準の500g以下です。また本体にキャップが付いていて誤噴射する可能性が低いため、預け入れ荷物でも機内持ち込み手荷物のどちらでも保安検査に通過しやすくなります。

『シーブリーズデオ&ウォーターエメラルドスカイの香り160ml』は内容量160mlで、これも国内線基準の500ml以下ですので、空港の検査をパスできます。ただ、シーブリーズあるあるですが、普段使うときでさえ、キャップが外れて漏れやすいので扱いには注意しましょう。

ちなみにミョウバン水を自作する時や塩化アルミニウム液濃度を調節したり、あるいはコンタクトレンズの保存液としても使える精製水ですが、私が持っているものはギリギリ500mlでした。ものによっては1000mlなどもあるので、ご自身が持っているものの内容量には注意しましょう。

一人が機内に持って入れる最大容量が2000ml(g)なので、シーブリーズなら12個、精製水なら4個です。たまに「一人何個まで?」と悩む方がいますが、制汗剤の個数ではなく、あくまでも全液体物の合計容量で考えてください。

中間もくじ

→国内線の手荷物検査の通過方法はこちらをクリック
→国内線・国外線共に持込み可能な25gの制汗剤はこちらをクリック

国内線の手荷物検査を引っかからずに通過する4つの方法

  • 制汗剤は出発前に塗って、預け入れ荷物に入れておく
  • 必要最低限の荷物しか機内には持ち込まない
  • なるべく現地調達をする
  • 必要な場合だけクリーンエリアで追加購入する

楽しみな旅行を控えていると、どうしてもあれも用意しよう、これも、それも…と気づいたら山のような荷物になっていた経験はありませんか。荷物が多いほどX線での荷物検査には引っかかる確率が高くなるので、私が実際に行っている、国内線の手荷物検査になるべく引っかからずに通過する4つの方法をご紹介します。

→国内線・国外線共に持込み可能な25gの制汗剤はこちらをクリック

1.制汗剤は事前に塗ることで機内では効果を切らさない

私は空港に向かう前に自宅で制汗剤を塗りますが、空港について航空会社にチェックインする前にいつもトイレで制汗剤を塗り直しています。こうすると制汗剤の効果が飛行機に乗っている間も持続し続けるので、そもそも手荷物検査に回す必要すらなくなります。

2.機内に持ち込む荷物は必要最低限

みなさんは飛行機の中で何をしますか?ANAとかなら座席の前に映画が映せるので2,3本見ていたら目的地に着いていると思います。大量の荷物なんてそもそも機内には不要ですので、実際に使う最低限のものだけを選別しましょう。

    • 私なら本、財布、iPhone、充電コードだけですね

    • えぇ…さすがに少なすぎませんか(苦笑)

    • 国際線はもう少し多いけど、ただの国内線だしね

3.現地調達をする前提で動く

それと基本的な生活用品はすべて現地調達をしています。なるべく現地調達をすることで検査に引っかかる確率が低くなりますし、身軽なので動きやすくなります。

特に私が海外に行くときは8割近く現地調達で済ませているので、旅行や海外出張に慣れ始めた方は現地調達をお試しください。学生さんなら友達といろいろなお店巡りを楽しみつつ現地調達していくと、それもまた思い出となります。

4.どうしてもという場合はクリーンエリアで荷物を追加する

検査が終わった後の免税店などがある場所を『クリーンエリア』といい、そこは飛行機の中と同じ安全を保証されます。免税店などのペットボトルや制汗剤、化粧品や食べ物などは安全が保証されているので再検査は不要になります。既に液体物を2000ml持っていたとしても、新しく追加購入ができます。

手荷物検査で引っかかった場合の緊急通過方法

いろいろ手荷物検査対策をしていたけど意外なもので引っかかってしまったときは、基本的には空港側にこのまま破棄してもいいか確認を取られます。

でも家族の形見であったり、彼氏からもらった大切なものだったりどうしても破棄したくないときは、空港側に頼めば陸路、もしくは空路を使用して着払いで送ってもらえることがあります。場所によってはサービスを実施していないので、万が一の時は頼んでみましょう。

また500ml以上の商品を持っていた場合は空港内のコンビニへ駆け込み、100ml程度の小分けにできる容器が売られているのでそれに詰め替えることもできます。何が何でも破棄したくない緊急の場合は、上記2つの通過方法を試してみましょう。

→国内線・国外線共に持込み可能な25gの制汗剤はこちらをクリック

回答がバラバラ!?政府公式の手荷物検査動画で学ぼう

2015年7月17日に日本政府がまとめた公式の手荷物検査の動画があるので、音声と視覚で頭に入ってきやすいと思います。Youtubeや個人ブログ、あと特に知恵袋に多いのが、国内線の話なのに国際線と混同されている方が見受けられます。これは政府公式動画ですので回答がバラバラしておらず安心してご覧頂けると思います。

→国内線・国外線共に持込み可能な25gの制汗剤はこちらをクリック

    • 私の発信情報も間違いもあると思うので、あまり信じすぎないでね

    • まっきーさん、それ自分で言います(苦笑)

    • 言っちゃいます(笑)

【注意】最終判断は各航空会社のルールに従おう

■日本に国内線をもつ航空会社例
・ANA(全日空)
・JAL(日本航空)
・スカイマーク(SKYMARK)
・エア・ドゥ(AIR DO)
・ソラシドエア
・スターフライヤー(SFJ)
・フジドリームエアラインズ(FDA)
・ジェットスター・ジャパン(Jetstar)
・ピーチ航空(Peach)
・バニラエア
・春秋航空日本
・エアアジア・ジャパン

国内線といえば、ANA、JAL、スカイマーク、ピーチ航空あたりが有名どころかと思いますが、他の格安航空会社(LCC)も含めるとまだまだ日本に国内線を持つ航空会社はいくつも存在します。

日本は国際民間航空機関(ICAO)加盟国なので、基本的には格安航空会社も世界水準の航空ルールを守っています。ですが、最終的には各航空会社の微妙に異なるルールが荷物検査に適用されます。あなたの荷物に絶対に破棄されたくないものがあるならば、必ず事前に各航空会社のルールに照らし合わしましょう。

    • 冷たく聞こえるかもしれませんが、ルールを確認せずに検査で破棄されても、それはあなた自身の自己責任ですよ

まとめ

今回は「制汗剤を国内線に機内持ち込みする方法」についてお伝えしてきました。

  • 航空保安上の液体物には要注意する
  • 国内線の場合、500ml以下の制汗剤なら機内に持ち込める/最大2000ml(g)
  • 機内は与圧された空間のため、スプレー缶は気圧で爆発しない
  • 国際線と国内線では規制のゆるさが異なる
  • 持ち込む荷物自体を減らすと、手荷物検査を通過しやすくなる
  • 万が一検査に通らなくても、破棄する以外の対策方法が存在する
  • 各航空会社のルールは絶対基準のため、必ず事前確認を怠らない
  • 旅のトラブルは自己責任

いろいろ注意点もありますが、基本的には国際線よりも国内線は厳しい規則ではありませんので、大方の荷物検査は問題なく通ります。それに検査場所にはプラスチックトレイがあると思いますが、別にカバンの中から制汗剤を特別に出す必要もありませんし、仮に「出して」と言われても素直に出せばだいたい通ります。

私の場合、最低限のものしか持ち込みませんが、面倒なことに巻き込まれたくないと考えているからです。みなさんが私の真似をする必要は全然無いので、多汗症やワキガの悩みを抱えている方は1つくらいは機内に制汗剤を持ち込む方が安心だと思います。

いろいろな治療方法を“まずは実際に試す”ことから多汗症治療は始まります。はっきり言いますが、“悩むだけで、今何も行動しない”なら、“今後も今と同じくずっと手汗に悩まされ続ける”だけです。“まずは行動をする”ことが、あなたの手汗を治療することに繋がります。

    • 下記は国内線・国外線共に持込み可能な制汗剤の『テサランを実際に購入して3ヶ月間使ってみた感想』についての記事です

“今汗で本気で悩んでいて”、“今すぐ汗対策をしたい”方は必ずご覧ください。

テサランを実際に使ってみた感想はこちらをクリック▼

【口コミ】テサランを3ヶ月体験した感想!手汗レベル3に効果ある?

特集記事一覧

プロフィール


はじめまして。当サイトを運営しているまっきーです。

(自称)多汗症コンサルタントとして150名以上のコンサルタント経験を持ちます。

10年以上にのぼる医学知識と検証をもとに、汗と臭いの悩みを解決する情報を発信していきます。

サイトマップ