アセキュー

国際線に制汗剤は持ち込みできる?機内持ち込みできる液体物の注意点


楽しみにしていた海外旅行や修学旅行。でも空港で荷物検査をしているとX線に引っ掛かり、大事な化粧品や制汗剤、親の形見のライターなどを破棄しなくてはいけなくなると、本当に大変です。

特に多汗症の方だと固形の制汗剤がないと飛行機の中で汗だくで過ごすことになってしまいます。そこで今回は「国際線に液体状の制汗剤は持ち込みできるのか」についてお伝えしていきますので、海外旅行を考えている方はぜひご覧ください。

航空保安上の「液体物」の注意点

私たち一般人が考える「液体物」よりも、政府や航空機関が考える航空保安上の「液体物」は範囲が広いので、まずは前提を統一しましょう。

航空保安上の液体物は「液体」「ジェル」「エアゾール(スプレー)」など、『何か固定された容器に入れないとその状態を保つことができない、あるいは空気中に霧散してしまうような質量ある物質』となります。

    • スプレーは見落としがちかな

    • スプレーだと、『ケープ』とかもですか?

    • そう!女性だとケープを持ち込む方もいるけど、液体物扱いだから注意が必要なんだ

国際線に制汗剤は機内持ち込みできる?

結論、世界中のどこの国際線であろうとも必ず制汗剤は機内持ち込みできます。ただし機内は安全第一ですので、機内持込み手荷物(飛行機に持ち込む荷物)は預け入れ荷物(航空会社に預けるスーツケースなどの荷物)よりも厳しいルールが定められています。

日本だと法律の『航空法第86条第1項および第2項』と、国土交通省令の『航空法施行規則第194条第1項および第2項』に基づいてルールが決められており、以下のように制汗剤や化粧品は規制されています。

  • 直接皮膚に付けるものを、医薬部外品・化粧品と定める
  • 機内持ち込みは可能だけど、容量・袋の大きさと密閉性・合計容量に制限がある
  • 1つの制汗剤につき、容器に入る容量は100ml(g)までが限界
  • 小分けにした制汗剤は、縦20cm以下、横20cm以下のジッパー付き透明のプラスチック袋にまとめる
  • 制汗剤、容器、袋などすべてをまとめた合計容量が1000ml(g)を超えてはいけない
  • 持ち込めるプラスチック袋は一人につき一つのみで、複数の袋は持ち込めない

直接皮膚に付ける医薬部外品・化粧品ですが、例えば制汗剤、化粧品、マニキュア、香水、除光液、日焼け止め、ヘアスプレー、シェービングフォーム、虫除けスプレーなどになります。でも、ガスボンベや防水スプレーなどは直接皮膚に付けるものではないので、隠れて機内に持ち込めば犯罪行為となります。

国際線の機内持込み手荷物は合計容量1000ml(g)ですが、国内線の預け入れ荷物は合計容量は2000ml(g)となるので、混同されないようにしてください。また、300ml入った袋、400ml入った袋と2つの袋を用意するのではなく、きちんと1つの袋にまとめないと1つは破棄することになります。

機内に持ち込む液体物の制汗剤については、これらを守れば手荷物検査で引っかかることはほぼありません。私も何度も海外に旅行や仕事で国際線を利用していますが、手荷物検査に引っかかったのは初めての海外旅行の時だけでした。それ以降は一度も引っかかったことはありません。

スプレータイプの制汗剤については誤噴射を防ぐ噴射弁の有無など追加ルールがあります。

    • ここからは6つのルールに基づいて、持ち込みできる場合とできない場合で具体的に見ていこう

『スプレータイプの機内持ち込み』の詳しい記事はこちら

機内持ち込みできる制汗剤

近くのドラッグストアに置いてあった、機内持ち込みできる比較的容量が少ない制汗剤を集めてみました。


『8✕4ロールオンせっけん45ml』は容量が100ml以下のため、特に別の容量に移し替えることなく機内持込み手荷物に入れることができます。


『8✕4MENロールオン無香料60ml』や『エージーデオ24メンズデオドラントロールオン無香料60mL』も容量が100ml以下のため、特に別の容量に移し替えることなく機内持込み手荷物に入れることができます。またエタノールを含んでいても、あくまでも化粧品・制汗剤と認められるので関係ありません。

したがって、制汗剤の容量が100ml以下の場合は、そのまま一つのプラスチック袋にまとめてしまいましょう。まとめたら、バッグの中に入れておいて、特に手荷物検査で出す必要もないので、素知らぬ顔でそのままバッグごとX線検査に回しましょう。

機内持ち込みできない制汗剤と対策方法


『シーブリーズデオ&ウォーターエメラルドスカイの香り160ml』ですが、これは内容量が100mlを超えているために、機内持込み手荷物に含めることができません。じゃあどうしても持っていきたい場合は、100ml以下の容器に移し替えて持っていくことができます。

    • ちなみにこのシーブリーズ、何年前に買ったのかもわからない古いものなんです…

    • えっ、どうしてそんなものあるんですか?

    • いや、新商品が出たときって買いたくなるじゃん…たぶん当時買ったはいいけど、もともとシーブリーズの効果に期待していないから放置しちゃんたんだと思う(苦笑)

機内に持ち込む練習と手荷物検査を通り抜けるコツ


私が初めて海外旅行に行った時、制汗剤以外の荷物にも規制があるので、全体で結局2日くらいかかりました。これから海外旅行、修学旅行や留学を考えている方は、実際に国際線を利用する場合を想定して、1週間ほど前から自宅で練習すると焦らずに準備できます。手順は以下の通りです。

  • 100ml以下の中が見える透明な容器と、縦横合わせて40cm以下のプラスチック袋を用意する
  • 100ml以下の制汗剤はプラスチック袋に入れる、100ml以上の制汗剤は別の容器に移し替える
  • 海外で検査に引っかかった場合を想定して、『制汗剤(antiperspirant)』と書いたラベルを貼っておく
  • 制汗剤以外にも化粧品や目薬などは1つのプラスチック袋に入れておく
  • 制汗剤・化粧品・容器・プラスチック袋など合計した重さが1000ml(g)を超えていないか計量する

『制汗剤(antiperspirant)』と書いたラベルを貼るのが検査を通り抜けるコツです。係員があなたのバッグをX線検査して、もし万が一外国で手荷物検査に引っかかった時に、英語が喋れなくても通じます。また、ご自身が何の制汗剤だったか忘れることもないので、一石二鳥です。

当日空港でもプラスチック容器は購入できる?

「念願の海外旅行、羽田空港に着いてから保安検査で知った100ml以下のルール…お気に入りの化粧水を破棄しないといけないし、いつもの制汗剤がないと乗客に迷惑をかけてしまう…」なんて時は、諦めるのは早いです。

羽田空港など各空港にはコンビニがまず間違いなくあるので、忘れた!と焦っても当日空港のコンビニで、小分けにできるプラスチック容器とジッパー付きの袋を購入できます。ただし、正直空港のコンビニだとかなりお高くなるので、どうしても愛用品を破棄したくない方は利用してください。

私の場合は、容器は100円ショップで以前買ってたものを使い回していて、袋はもともとキッチンにある『ZiplocイージージッパーMサイズ』を使用しています。100ml程度の空容器を薬局、ドラッグストア、スーパー、コンビニで探してみたのですが、店員さんに聞けども売っていないということです。

したがって、空容器に関しては100円ショップで探すのが妥当だと思います。また、500円あればスーパーでZiplocのMサイズ30枚を購入できます。Sサイズは小さいのと、Lサイズは航空法の規定違反になるので必ずMサイズにしてください。

    • 100円ショップのプラスチック袋だと、ジップロックがすぐに壊れるよね。出国する時は大丈夫だったのに、帰国する時になって壊れることもあるあるなので、そういったリスクもなるべく避けよう

    • まっきーさん、それって実体験ですか?

    • うん、しかもチェックインギリギリで。あの時は本気で焦った…

国際線利用時の3つのコツ

国内線と違い国際線は面倒に感じると思いますが、それも最初のうちだけです。何回も、何十回も利用すれば誰でも国際線に慣れてコツをつかめてきます。そこで3つの国際線利用時のコツをご紹介します。

1.事前に制汗剤を使用しておく

制汗剤は汗をかく前から塗っても大丈夫です。当日空港に着いたらお手洗いに行き、出発時間前に制汗剤をつけます。そうすれば人によっては機内に制汗剤を持ち込む必要はなくなりますし、持ち込むとしても、使い切りのお試しセット程度の50mlあれば済む可能性もあります。

2.現地調達

最初は難しいですが、海外に慣れると「現地調達」をどんどんするようになります。私も必要最低限のものしか日本から持っていきませんし、8割近く現地調達で済ませています。手軽だし、空港を出た後なので検査は関係ありませんし、その国にしかない化粧品や制汗剤などが見つかる旅の楽しさがあり、不要なら帰国時は捨てればいいので、現地調達は一石四鳥です。

3.クリーンエリア調達

みなさんは空港には『クリーンエリア』があることはご存知でしょうか。クリーンエリアとは手荷物検査が終わった後にある免税店などがあるエリアですが、ここで購入したものは何でも機内に持ち込むことができます。仮に180mlの制汗剤が売っていたとしても、クリーンエリアでの購入になるのでそのまま機内に持ち込んでも大丈夫です。

    • 免税店などで売られているタバコやお酒、制汗剤や飲料などはすべて保安検査が徹底的に実施されたものなので、ようは「クリーンエリア=機内」みたいなものなんだ

政府インターネットテレビで動画学習をしよう

少し古いのですが、2015年7月17日に日本政府が国際線利用時の荷物検査についてまとめた動画があるので、音声と視覚で頭に入りやすいと思います。

動画の中では「はさみ」「ライター」「制汗剤」なども分けられていましたし、「祖父の形見であるライター」などどうしても破棄できない場合に着払いで現地に送る方法も紹介されていました。また動画の長さは9分23秒なので、海外旅行や留学の準備に役立ててみてはどうでしょうか。

『政府インターネットテレビの動画学習の詳細』はこちら

出発前に規則や注意点を各航空会社に確認する

上記で日本の『航空法』と『航空法施行規則』に触れましたが、これらのルーツは国際民間航空機関(ICAO)によるものです。加盟国家間限定ですがICAOは各国で共通する航空保安の基準を考えています。ただし盟国家間でも国が違えばルールにも違いが出てきて、また日本でもわかるように1つの国の中でも国内線と国際線でルールが変わってきます。

例えば日本の国際線ルールは日本では正しく有効ですが、アメリカや中国など他国では絶対ではありませんし間違いにもなります。私も何度かえっ?と思うルールに接触したことがあるので、これからみなさんが行こうと考えてる国や中継地点などの航空ルール、ローカルな規則や注意点は、必ず各航空会社に事前確認を取るようにしましょう。

    • 『When in Rome, do as the Romans do. (郷に入っては郷に従え)』、何か言われても全部自己責任になるので、旅の最低限の安全くらい自分で守ろう!

まとめ

今回は「国際線に液体状の制汗剤は持ち込みできるのか」についてお伝えしてきました。

  • 航空保安上の液体物は幅広い
  • 国際線でも航空法と航空法施行規則に基づき機内に持ち込みが可能
  • 内容量100ml以上の制汗剤は注意しよう
  • 当日でも空港内のコンビニを使えば手荷物検査をパスできる
  • 制汗剤の事前使用、制汗剤などの現地調達やクリーンエリア調達を行えば、保安検査は関係ない
  • 各国や同じ国でも国内線と国際線でルールが異なるので、必ず各航空会社に確認を取る

アジア圏なら長時間ではないので肉体的にも精神的にもマシですが、ヨーロッパ圏やアメリカなどに行く際は、それだけで10時間~20時間にのぼる長旅となります。多汗症の方だとどんな時でも制汗対策が必須ですが、多汗症でない方も旅行先だけでなく、機内の人が密集した空間の中で熱いと感じた時にすぐ出せる制汗剤があれば非常に心強いと思います。

ただ、海外旅行に慣れていないと機内持ち込みの方法がわかりにくいと思いますので、この記事を何度も読み返して、海外旅行や留学時にお役立てください。

【口コミ】テサランを3ヶ月体験した感想!手汗レベル3に効果ある?

特集記事一覧

プロフィール


はじめまして。当サイトを運営しているまっきーです。

(自称)多汗症コンサルタントとして150名以上のコンサルタント経験を持ちます。

10年以上にのぼる医学知識と検証をもとに、汗と臭いの悩みを解決する情報を発信していきます。

サイトマップ