アセキュー

ミョウバン水洗濯の消臭・柔軟効果!風呂の残り湯ですすぎとつけ置き


ミョウバン水は消臭効果や殺菌効果の高いものとして知られていますし、私自身ワキガで日常的にも洗濯時にもよく使っています。でも「つけ置きがダメ」「カピカピにキシむような肌触りがする」と悩みを抱えている方も少なくありません。そこで今回は、「正しくミョウバン水を使った2つの洗濯方法と注意点」についてお伝えしていこうと思いますので、ぜひご覧ください。

ミョウバン水とは?

世間でいうミョウバン水とは、カリウムミョウバン結晶が水分に溶け込んだ状態の溶液を指します。カリウムミョウバンですが、水分に溶け込むと三つの効果が現れてきます。一つ目は、酸性の性質が強く出ることで、臭いを発する細菌などを殺します。

二つ目は、カリウムミョウバンが高濃度の硫酸塩のため、皮膚や食品、薬品の中のタンパク質を凝集化させる効果があります。そして、三つ目はアンモニアなどアルカリ性の性質を中和させて中性状態にする効果です。というように、いろいろな効果があるのですが、殺菌と消臭効果が高いために日用品から衣料品までありとあらゆるものに使われています。

ミョウバン水洗濯の消臭・柔軟効果

ミョウバン水を洗濯に使うと衣類に染み付いている臭いを落としたり、洗濯物を干した時の生乾きのカビ臭さを防臭したり、あるいは柔軟剤を使わずとも柔軟効果が期待できます。そもそも臭いを発してしまう原因は衣類の繊維に染み込んでしまっていることや十分に除菌できずにいるからです。

ミョウバン水を使うと染み付いた臭いも落とすことができますし、しっかりと除菌できるので干した時の生乾きのカビ臭さを防臭できます。私も何度か経験があるのですが、梅雨の時期に洗濯と柔軟剤を入れて洗濯をしても、どうもカビ臭さが残っていて気分がゲンナリしました。

また、柔軟剤を入れて衣類がフワフワするのは衣類が中性状態になっているからです。しばしばカピカピにキシむような肌触りがする衣類がありますが、あれは洗濯する時に酸性状態で洗ってしまっているからです。ちなみに、アルカリ性が強く残ってしまうとゴワゴワする肌触りになります。

ミョウバン水自体は酸性ですが、衣類のアルカリ性を中和して中性状態に近づける効果もありますし同時にアンモニア臭も抑えてくれるので、柔軟剤のようなフワフワした肌触りとアンモニア臭の防臭もしてくれます。

したがって、ミョウバン水を使って洗濯をすると染み付いた臭いが取れ、また防臭効果と肌触りもふわっとした状態になります。一方で、間違った手順で洗濯をしてしまうと、臭いも取れずに残り、肌触りもカピカピにキシみます。

  • ミョウバン水はカリウムミョウバン結晶が水分に溶け込んだ状態の溶液
  • ミョウバン水による洗濯物の殺菌・除菌効果と防臭効果
  • ミョウバン水によって衣類が中性状態になるためフワフワした肌触り
  • 同時に生乾きの臭いやアンモニア臭の防臭効果
  • 間違った手順で洗濯すると、臭いは落ちずに肌触りもカピカピになる

香害問題とナチュラルクリーニングの需要の高まり


そもそも、なぜ洗濯にミョウバン水が使われるようになったのでしょうか?これまでなら強い洗濯洗剤や漂白剤、あるいは柔軟剤などで殺菌・防臭をしてきたと思います。

しかし、ここ数年これまでのような人工化学物質による新しい公害が人体に影響を及ぼしていることが話題となっています。人工的な香りによる公害を『香害』といいますが、付随して化学物質によるアレルギーや病気を『化学物質過敏症』といいます。

こういった時代の流れに沿って、子供を持つ親や健康意識の高い層では、なるべくオーガニック製品を使おうとするナチュラルクリーニングが人気になってきました。ナチュラルクリーニングでよく使われるのが酸性の性質をもつクエン酸やミョウバン水、アルカリ性の性質をもつ重曹などとなります。

ミョウバン水神話「ミョウバン水は洗濯洗剤ではない」-水素イオン指数(pH)と汚れ


「ミョウバン水 洗濯」と聞くとどうもミョウバン水が洗濯洗剤と勘違いをしてしまう方がいるようですが、ミョウバン水は洗濯洗剤ではありません。溶液の酸性、中性、アルカリ性バランスのことを水素イオン指数(pH)といいますが、洗濯洗剤とミョウバン水では水素イオン指数が全く異なります。

多くの洗濯洗剤は中性(pH6~pH8)の性質で、酸性(pH0~pH6)とアルカリ性(pH8~pH14)のどちらの汚れも落とせる力を持ちます。一方でミョウバン水は酸性ですので、中性よりも強いアルカリ性の中和によってアルカリ性の汚れは落とすことができます。

したがって、日常生活で衣類に付着する汚れを落とせるのは中性である洗濯洗剤であり、酸性であるミョウバン水では難しいことになります。生活の汚れを落とすなら弱アルカリ性である重曹や石鹸洗剤となります。つまり、溶液の性質で落としやすい汚れと落としにくい汚れがあり、中性だとどちらの性質の汚れも落としやすいという意味です。

  • 水素イオン指数は溶液の性質を表す(酸性、中性、アルカリ性)
  • ミョウバン水は酸性(弱酸性)
  • 汚れの性質によって酸性、中性、アルカリ性を使い分ける

ミョウバン水原液の作り方

  • 500mlのペットボトルを用意する
  • 焼ミョウバン10gをすり潰す
  • ハッカ油数滴とお湯300mlと混ぜて溶かす
  • およそ1時間後に完成(※普通の方法だと10時間以上かかる)

上記の手順で作成できますのでお試しください。

正しくミョウバン水を使った2つの洗濯方法と注意点

このミョウバン水の使い方ですが、目的に合わせて二つの方法があります。一つが「洗濯洗剤で取れないほど頑固に衣類の繊維に染み付いてしまっている臭いを落とす目的」での洗濯方法です。

もう一つが「繊維に防臭効果をつける目的」での洗濯方法になります。ちなみにスーパーで焼ミョウバンを買ってきてそのまま洗濯機に入れる方もいますが、水の温度では溶けるまでに10時間くらいはかかるので無意味です。

洗濯方法1/ミョウバン水風呂の残り湯と原液のすすぎで臭いを落とす

しっかりと繊維一つ一つに染み付いたしつこい臭いのもとを落としていきましょう。この方法は、洗濯する際にミョウバン水原液を使うことを想定しています。

  • 水量40~50Lくらいで洗濯洗剤のみ入れて開始
  • 洗濯が進み「すすぎ」のタイミングで一時停止
  • 40~50mlミョウバン水原液を入れる(ドラム式の場合は最初に柔軟剤投入口事前に入れておく)
  • 洗濯を再開して、脱水後はしっかり乾燥させる

ここで最もやってはいけないことは、ミョウバン水を洗濯開始のタイミングで入れてしまうことです。洗濯洗剤の多くが中世ですので、酸性のミョウバン水を最初から入れると衣類の洗浄力が落ちます。中世の洗濯洗剤で衣類の汚れと臭いを落とせるところまで落としてから、必ず「すすぎ」のタイミングでミョウバン水を入れることで繊維に染み付いた臭いを落とすことができます。

私の経験ですが、ミョウバン水風呂の残り湯を使っている場合でも40~50mlのミョウバン水原液で大丈夫でした。ただ、60mlくらい入れるとタオルが軽くキュッっとキシんで、70mlだとかなりカピカピになりました。したがって、ご家庭ごとで調整が必要だと思います。

また、重曹やクエン酸も一緒に入れる方もいますが、溶液バランス(酸性とアルカリ性と中性)が調節できなくなるのでやめましょう。それと、ミョウバン水を入れているので柔軟剤と一緒にわざわざ入れる必要もありません。正しい洗濯方法で適切な分量さえ守れば、柔軟剤の必要性がなくなるほどふわっとした状態に仕上がります。

洗濯方法2/薄めたミョウバン水でつけ置きして防臭効果を付ける

今度は衣類に嫌な臭いが染み付かないように予め防臭効果をつけていきましょう。この方法は、洗濯する際に原液を10倍程度に薄めたミョウバン水を使うことを想定しています。

  • 衣類をつけ置きできるバケツやたらいを用意する
  • バケツ衣類を入れ、お湯を入れる
  • お湯の10倍程度に薄めたミョウバン水を入れる
  • 半日程度つけ置きする
  • お湯でミョウバン水を洗い流す
  • 水量40~50Lくらいで洗濯洗剤のみで洗濯

しっかり繊維にミョウバンをつけるために私はお湯を使いますが、別に水道水でも大丈夫です。注意するのはミョウバン水原液ではなく、原液を10倍程度薄めたミョウバン水を入れることです。

また、つけ置きをした衣類にはたっぷりミョウバン水が染み込んでいるので、そのまま中性洗濯洗剤と混ぜると洗浄力が落ちます。そのため洗濯前に必ず洗い流しましょう。2つの洗濯方法と注意点をまとめると以下のようになります。

  • ミョウバン水原液のまま使う洗濯方法と薄めて使う洗濯方法の2通りある
  • 洗濯洗剤の中世を保つために「すすぎ」のタイミングでミョウバン水を投入する
  • ミョウバン水を使う場合はクエン酸、重曹、柔軟剤はなるべく使わず、シンプルに1つに絞る
  • ミョウバン水につけ置きした後洗濯する際は、必ずお湯で洗い流す

赤ちゃんの布おむつや加齢臭にも効果あり

他にも赤ちゃんのおむつに布タイプを使用していれば、その除菌や防臭効果もあります。また加齢臭にも効果があったり、リビングのソファーについたペットの臭いやおしっこの臭いなど何でも殺菌、除菌、防臭効果が期待できるのがミョウバン水です。まだ試したことがない方は一度試してはどうでしょうか。

また私自身がワキガなので言えることですが、ワキガの臭いを毎日制汗剤など使用してケアをすることが衣類への臭い移りへの対策となります。私の場合は時と場合で塩化アルミニウム液とミョウバン水を使い分けています。日頃からしっかりと汗や臭いの対策をしていきましょう。

まとめ

今回は「正しくミョウバン水を使った2つの洗濯方法と注意点」についてお伝えしてきました。

  • ミョウバンが水分に溶けると3つの効果を示す(酸性・タンパク質凝集化・アンモニア中性)
  • ミョウバン水による洗濯物の殺菌・除菌・防臭効果
  • ミョウバン水と柔軟剤を一緒に洗う必要性はない
  • ミョウバン水を使った洗濯方法は2種類(すすぎ洗いとつけ置き)
  • 洗濯も重要だけど、汗や臭いの対策は毎日のケアから始まる

ミョウバン水は正直最強便利アイテムともいえる性能を持ちます。食品や医療品だけでなく、デオドラント剤や洗濯にも使えます。

とはいえ、どんなものでも過剰な量を使用したり、間違った方法で使用したりすると悪影響や副作用も起こりますし、ミョウバン水とはいえ肌にそもそも合わずに、かぶれやかゆみを引き起こす場合も十分あります。

赤ちゃんの布おむつにも効果はありますが、心配なママは赤ちゃんの肌でパッチテストを行うなど念入りな準備を行ってから使用するようにしましょう。

いろいろな治療方法を“まずは実際に試す”ことから多汗症治療は始まります。はっきり言いますが、“悩むだけで、今何も行動しない”なら、“今後も今と同じくずっと汗に悩まされ続ける”だけです。“まずは行動をする”ことが、あなたの汗を治療することに繋がります。

    • 下記は子供や妊娠中の女性の敏感肌でも使える制汗剤の『テサランを実際に購入して3ヶ月間使ってみた感想』についての記事です

“今汗で本気で悩んでいて”、“今すぐ汗対策をしたい”方は必ずご覧ください。

テサランを実際に使ってみた感想はこちらをクリック▼

【口コミ】テサランを3ヶ月体験した感想!手汗レベル3に効果ある?

特集記事一覧

プロフィール


はじめまして。当サイトを運営しているまっきーです。

(自称)多汗症コンサルタントとして150名以上のコンサルタント経験を持ちます。

10年以上にのぼる医学知識と検証をもとに、汗と臭いの悩みを解決する情報を発信していきます。

サイトマップ