アセキュー

20%塩化アルミニウム液の副作用と使い方!肌のかゆみと多汗症治療


手掌多汗症などの制汗対策で使われる塩化アルミニウム液ですが、誰でも気軽に試すことができる反面、肌や顔のかゆみ・かぶれ・炎症、痛みなど副作用を引き起すことがあります。そこで今回は、「塩化アルミニウム液の副作用と対策方法」「塩化アルミニウム液以外の8つの治療方法の副作用などお伝えしていきますので、ぜひご覧ください。

→塩化アルミニウム液の副作用の原因はこちらをクリック

塩化アルミニウム液による角栓の形成と発汗量減少原理

そもそもなぜ塩化アルミニウム液が、多汗症を抑制する治療方法の一つなのかご存知でしょうか?塩化アルミニウム液の成分には塩化アルミニウムが含まれているのですが、これが汗や水分と反応し合って角栓という蓋のような結晶体を形成します。何に対しての蓋かというと、私たちの体にあるエクリン腺やアポクリン腺といった汗線(汗が出てくる道)になります。

したがって、塩化アルミニウム液を皮膚に塗ると汗線に蓋がされるので、結果として発汗量が減少する仕組みとなります。実はこのとき加水分解で水酸化アルミニウムと塩化水素が生じていたり、水酸化アルミニウムとケラチンの化学反応なども起こっているのですが、これが副作用に影響を及ぼしているのです。

  • 塩化アルミニウムと汗や水分は反応し合う
  • 角栓という結晶で汗腺に蓋がされるので、発汗量が減少する
  • 加水分解で生じた塩化水素が塩化アルミニウム液の副作用に影響を及ぼす

→塩化アルミニウム液の副作用の原因はこちらをクリック

なぜ塩化アルミニウム液の副作用が気になるのか?

塩化アルミニウム液の副作用が気になることは共通しても、「副作用が気になる・知りたいまで至った理由や背景」はみなさん一人ひとりで異なってきます。私が想像するに大きく3つあるのではと考えています。

副作用が気になる理由1/これから使用することへの不安

まだ一度も塩化アルミニウム液を試したことはないけど、これから使っていくつもりの一方で、何もわからないから情報を知りたいと考えている方です。例えば、手掌多汗症レベル2の中学生がいるとします。彼はなんとかして勝手に出てくる手汗を抑制したいと考えて、ネット検索やYahoo知恵袋で質問をします。

その後、病院で処方される20%濃度の塩化アルミニウム液や13%濃度のオドレミンを知って興味を持ちましたが、調べるうちに「顔がかゆくなったり肌が荒れる」など不安を感じる記載を見つけました。

また「アルツハイマーになる/ならない」など意見が分かれている記載も見つけました。そのため、彼の心境は実際にどうなのか疑問や不安が強くなり、副作用をしっかりと調べてみようという気持ちになります。

副作用が気になる理由2/現在使用中にあたっての不安

現在塩化アルミニウム液治療をしているけど、指先がピリピリしたり頭が痛くなったりと、現在進行系で何かしらの不安を感じている方です。塩化アルミニウム液は誰でも簡単に手に入れることができるため、最初からあまり詳しく調べないで使用をする方が大勢います。

実際に使い始めると、「なんだか肌がかゆいしピリピリする」「よくよく調べると商品ごとで濃度も違うし本当に今使っている濃度でいいのかわからない」など不安や疑問が必ず出てきます。そのため、副作用を調べてみようという気持ちになります。

副作用が気になる理由3/手術など他の治療方法との比較

多汗症の治療方法はいくつもありますが、どれがあなたに適している治療方法なのかは誰にもわかりません。適切な治療方法を見つけるためには行動と検証の繰り返しが必要となります。例えば、ワキガ体質の女性がいるとします。彼女は知り合いから『ボトックス注射』を教えてもらい最初からボトックス注射で治療してきました。

しかし、ボトックス注射の注射の痛みや一回ごとの治療費が嫌になり、より痛みのないコストパフォーマンスの優れた治療方法を知りたいと考えます。彼女はいろいろな治療方法を検索しますが、ボトックス注射で味わった痛みを知っています。そのため、各治療方法のデメリットや副作用を調べて、比較してみようという気持ちになります。

この記事をご覧のあなたは、なぜそもそも塩化アルミニウム液の副作用について興味を持ったのでしょうか。何が目的で知りたいと思ったのでしょうか。私は多汗症体質に向き合っていくのであれば、まずは目的をはっきりさせることが最重要だと考える人間なので、今一度ご自身の心に問いかけてみてください。

  • 副作用を知りたいと思う理由には3つある
  • これからへの不安、現在への不安、治療方法間での不安
  • 適切な治療方法の「適切」を決めるのは「治療目的」
  • 行動と検証の繰り返しが重要

塩化アルミニウム液の一般的副作用・原因

では、ここからは塩化アルミニウム液の副作用についてお伝えしていきます。といっても、もう既にちょくちょく出てきていますが、改めて整理していきましょう。

副作用1/肌や顔のかゆみ・かぶれ・金属アレルギー

最もみなさんが体験しやすい副作用は「肌や顔のかゆみ・かぶれ・金属アレルギー」です。肌が弱いほどかゆみやピリピリとした痛みなどが起こりやすいので、顔>手>=脇>足裏のイメージです。また顔には目もあるので、目の中に入った時は必ず水で洗い流してから至急病院で診てもらってください。

かゆみやかぶれが起こる原因は、塩化アルミニウム液の成分の加水分解で生じる塩化水素が原因です。塩化水素が分かりづらい方は夏のプールに入れる塩素を思い浮かべてください。あの塩素のもとになる成分なのですが、塩化水素はかなり刺激が強い成分となります。

そのため、あなたの皮膚に適した濃度以上の塩化アルミニウム液を使用すると、塩化水素の過剰な刺激によってによってかゆみなどが生じてしまいます。私も以前、ドイツで30%濃度の塩化アルミニウム液で失敗した経験があるので、適切な濃度を守りましょう。

金属アレルギーが生じるのは、アルミニウムに対して抗原抗体反応(アレルギー反応)をしてしまう体質だからです。まとめると、濃度が合わない塩化アルミニウム液の使用、またはアルミニウムに対するアレルギー体質である場合、肌に合わないのでかゆみなどが生じます。

  • 塩化水素による肌や顔のかゆみ、かぶれ
  • アルミニウムへの金属アレルギー
  • 塩化アルミニウム液濃度が肌に適していない可能性あり

副作用2/代償性発汗

代償性発汗と聞くと『ETS手術』を思い浮かべる方が多いと思いますが、塩化アルミニウム液治療でも代償性発汗は起こります。まず前提として、精神的発汗は除いて私たちは体温調節する時は汗をかいて、蒸発した時の気化熱を利用しています。

例えば体温を1℃下げるのに30mlの汗が必要として、手汗で10ml、他の部位から20ml発汗していたとします。ETS手術をして手汗をかかなくなった場合は、もともと手汗でかくべき10mlを他の部位でかく必要があるので代償性発汗が生じます。同様に塩化アルミニウム液においても同じ原理が働くので、代償性発汗は起こります。

副作用3/汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)

汗疱状湿疹(汗疱/異汗性湿疹/指湿疹)という皮膚にブツブツした水疱ができる可能性があります。もし汗疱状湿疹ができたら、治癒するまでは塩化アルミニウム液の使用を中止してください。ほとんどの場合はそれで治ります。一応皮膚科に行けばステロイド軟膏などの処方はありますが、実際のところ現代医学では汗疱状湿疹の適切な治療方法は発見されていません。

汗疱状湿疹ができる原因として有力な説は二つあります。一つは塩化アルミニウム液の発汗量減少によって、皮膚細胞内の水素イオン濃度指数(ph)の溶液バランス(酸性とアルカリ性バランス)が崩れたことです。もう一つは皮脂の分泌量減少によって、肌バリアの弱体化・乾燥したことです。

汗疱状湿疹の原因がウイルス感染ではないので、水疱瘡(みずぼうそう)や帯状疱疹(たいじょうほうしん)のようなウイルス感染はしません。とはいえ、私も汗疱状湿疹ができたことがあって肌がガサガサ乾燥しました。治るまではやっぱり気になってしまいますので、不安な方は皮膚科で相談してください。

  • 汗疱状湿疹の治療方法は不明
  • 汗疱状湿疹の原因は水素イオン濃度数と皮脂の分泌量減少にある
  • 汗疱状湿疹は人にウイルス感染しない

→塩化アルミニウム液の副作用対策はこちらをクリック

塩化アルミニウム液の間違った副作用・科学的根拠不明の副作用

上記の副作用以外にもその他、塩化アルミニウム液の副作用には『間違った副作用』と『科学的根拠不明の副作用』の二つあります。一応どういうものか説明しますが、小難しい話になりますので流し読みでも大丈夫です。

副作用1/アルミニウム脳症(痴呆症・認知症・アルツハイマー病)


かつて海外でも話題となり日本でも塩化アルミニウム液が原因で、アルミニウム脳症(痴呆症・認知症・アルツハイマー病)になるといわれていました。しかし、現代医学では否定論が圧倒的有力のため気にする必要はありません。

「アルミニウム脳症(痴呆症・認知症・アルツハイマー病)」・・・
[概要]
脳に高濃度アルミニウムが蓄積したことによる症状
[原因]
腎臓の機能障害や何かしらの原因による血中アルミニウムの大量増加
[症状]
痴呆症・認知症・アルツハイマー病(言語障害・認識障害・精神障害・行動異常・発作)
[信憑性]
現在無し

結論からいうと、「1970年代に発生した『透析脳症』の症例を塩化アルミニウム液にも拡大解釈した間違い」です。アルミニウムは私たちの日常に当たり前のように溢れている物質です。

朝食で食べる食パン、インスタントラーメン、野菜、ビール、ご飯、お肉、あるいは水道水などの中にも含まれています。通常、私たちが食事によってアルミニウムを経口摂取した場合、排便99%、排尿0.8%、吸収0.2%で、ほぼ全てが体外に排出されます。

みなさんは透析治療という腎不全(腎臓の機能障害)を患っている患者の治療をご存知でしょうか?透析治療は、大動脈から静脈に血液の循環をつなぐ機器を用いる治療方法なのですが、1970年代はこの機器に使う透析液に水道水を使用していた時代です。

何が問題なのかというと透析液、つまり水道水です。水道水中に含まれるアルミニウムはわずか0.017mgなのですが、経口摂取ではなく透析治療によって直接血液中に入るために、体外に排出されにくくなります。結果、透析治療によって患者は透析脳症になりました。現在は再発防止のため、透析液は水道水ではなく、代わりに人間の血液に近づけた溶液を使っているので安心です。

「透析脳症」・・・
[概要]
脳に高濃度アルミニウムが蓄積したことによる症状
[原因]
透析液(水道水)を使用した血中アルミニウムの大量増加
[症状]
痴呆症・認知症・アルツハイマー病(言語障害・認識障害・精神障害・行動異常・発作)
[信憑性]
当時の状況ならあり

ところが、透析脳症の原因が拡大解釈されて「経口摂取したアルミニウムでも発症する」と誤認識されてしまいます。さらに拡大解釈が進み「塩化アルミニウム液のように皮膚からの侵入でも発症する」とさえいわれるようになります。

現代医学において、経口摂取したアルミニウムはほぼ全てが排便と排尿によって出ていくのが常識です。また皮膚に塩化アルミニウム液を塗ったからといって血中アルミニウムが増加したというデータは得られていません。つまり、塩化アルミニウム液によってアルミニウム脳症(痴呆症・認知症・アルツハイマー病)が起こることは、まずあり得ないというのが現在の有力説となります。

みなさんに伝わるようなるべく噛み砕いたつもりですが、少しは疑問が解消されましたか?「アルミニウム脳症になるのか、ならないのか実際のところどっちなのか」と悩む方がいるので、参考にしてもらえれば嬉しいです。

  • 塩化アルミニウム液でアルミニウム脳症にはならない
  • アルミニウムは日常生活に溢れている物質
  • 経口摂取すればほぼ全てが体外に排出される
  • 塩化アルミニウム液を皮膚に塗っても血中アルミニウムは増加しない

副作用2/制汗剤(防腐剤パラベン)による乳がん

「制汗剤を使うと乳がんになるおそれがある」と聞いたことはありませんか?塩化アルミニウム液の副作用というよりは、制汗剤全体の副作用になります。制汗剤の中には『パラベン』という防腐剤が混ぜられている商品があります。

ただ、パラベンが体内でどのように乳がん形成に関連しているのかはまだ科学的検証段階で、肯定する学者さんもいれば、否定する学者さんもいます。たまに他のサイトだと、「パラベンは乳がんになる」と断言してしまっている方もいますが、その主張は早計過ぎます。現在行われている科学的検証(※下記参照)が済むのを待ちましょう。

  • ランダム化比較試験/RCT
  • 非ランダム化比較試験/NRCT
  • コホート研究
  • 症例対照研究
  • ケースレポート(症例報告)
  • 実験室での研究
  • 経験談・体験談
  • 権威者の意見

このように塩化アルミニウム液には『信憑性がないのに間違った副作用として知られているアルミニウム脳症』『まだ科学的検証段階なのに正しいように広まっている副作用の乳がん』があります。

私としては前者は無視してもいいと思うので、後者は引き続き様子を見守っていくのが懸命だと思ってます。私も気にしていることなので新しいことが判明したら、また情報は共有させていただきます。

  • 制汗剤の防腐剤パラベンが乳がんを引き起こすという説がある
  • 現在科学的根拠が不明のため、科学的検証待ち

→塩化アルミニウム液よりも副作用が出にくい制汗剤はこちらをクリック

副作用を抑える方法・使い方

塩化アルミニウム液にはどのような副作用があるのか見てきましたが、ここからはどうすれば副作用を抑えることができるのかお伝えしていきます。

方法1/濃度20%以下で最適濃度の検証

まず、多くの日本人肌に合った塩化アルミニウム液濃度は濃くても20%といわれているので、20%以下の濃度の商品を使うようにしてください。下記に市販されている商品の塩化アルミニウム液濃度をまとめています。

  • 院内製剤の塩化アルミニウム液(20%前後)
  • オドレミン(13%)
  • テノール液(3.9%)
  • エキシウクリーム(0.0%)

私はドイツで濃度30%の塩化アルミニウム液を使い、肌荒れを起こした経験があります。したがって、高濃度だから多汗症によく効くと安直に考えないでください。20%濃度を超えない範囲で低い濃度から高い濃度までの商品を何回も何回も試したり、精製水を使いご自身で濃度調節をするなどして、あなたに適した濃度を見つけ出してください。

方法2/ターンオーバーを考慮した適切な使用頻度検証


塩化アルミニウム液を塗って汗線に角栓ができるまでに3日~5日はかかります。角栓で蓋ができればその後は5日~10日間は効果が持続するので、その期間は塩化アルミニウム液を塗ることは控えてください。過剰な塩化アルミニウム液は肌荒れを招くので、なるべく塗らないでください。また個人個人でターンオーバー周期は違うので、何度も試すうちにご自身の周期を学んでください。

方法3/皮膚が敏感な時は控える(生理・妊娠・脱毛)

女性だと生理や妊娠でホルモンバランスが崩れていますし、この期間は神経も敏感で、いつもよりも肌が炎症しやすくなっています。また脱毛サロンに行って脱毛をした後など、皮膚が傷ついている状態で塩化アルミニウム液を染み込ませるのは、毛穴の炎症や肌荒れを招くので控えるようにしましょう。

方法4/消臭剤は控える

塩化アルミニウム液を塗ると汗が抑制されるので、その分細菌の繁殖を抑えることにつながったり、塩化水素など殺菌効果の高い成分もできるので臭いが弱くなる可能性があります。塩化アルミニウム液を使って臭いがマシになったのであれば、余計な刺激物の使用は控えていきましょう。

  • 副作用を抑える4つの方法
  • 日本人肌には20%濃度が適しているが、個人によって最適濃度は異なる
  • 高濃度の塩化アルミニウム液を使うと肌の炎症やかゆみを引き起こす
  • 角栓の形成まで3日~5日、形成後の効果持続は5日~10日、角栓形成時は使用を控える
  • 皮膚が敏感に反応する時は使用を控える
  • 塩化アルミニウム液にも消臭効果があるため、なるべく消臭剤は控える

→塩化アルミニウム液よりも副作用が出にくい制汗剤はこちらをクリック

塩化アルミニウム液の入手方法・購入方法

塩化アルミニウム液の入手方法や購入方法に悩む方がいますが、主に4つあります。

入手方法1/薬局やコンビニ

薬局やコンビニなどの市販の塩化アルミニウム液です。最も気軽に購入できますが、全体的に濃度が低い商品が多く、濃度20%前後のものはあまり見かけません。とはいえ、手掌多汗症レベル1程度なら効果がかなり期待できますが、オドレミン程度の濃度ではレベル3程度では効かない可能性があります。

入手方法2/皮膚科などの院内製剤

保険適用される院内製剤の塩化アルミニウム液で、皮膚科など病院で処方されるものです。病院で作成されるので濃度は20%前後に調節されることが多いです。しかし、病院によっては塩化アルミニウム液を取り扱っていないところもあります。下記は、塩化アルミニウム液を取り扱っていない病院間でのトラブル例です。

A病院で取扱なし(診察料払う)-B病院で取扱なし(診察料払う)-C病院で取扱あり(診察料と処方代払う)

上の例のように保険適用で節約したかったはずなのに、むしろ塩化アルミニウム液の取り扱いがない病院を無駄に回ってしまったが故に、診察料だけ余計に取られて損をする方もいます。あるいは、塩化アルミニウム液は取り扱っていない代わりに軟膏タイプのベタベタする制汗剤を処方されることもあります。

そもそも、そういったベタベタする制汗剤が嫌だったから塩化アルミニウム液が欲しかった方にとっては、診察料も処方代ももったいないと考えるはずです。「ウチでは処方できない」と病院側に断られるのが嫌なら、必ず事前確認は怠らないでください。

入手方法3/ネットショップで購入

ネットショップには海外製のものも多く取り揃えられており、濃度20%でさらにエタノールが配合されている商品もあります。またお試し期間がついている商品が多いので、はじめての方でも試しやすいと思います。私も最初は院内製剤の塩化アルミニウム液を使っていました。でも、慣れてからは病院に行くのが面倒なのと、単純に性能がいいのでもうネットショップからしか購入していません。

入手方法4/塩化アルミニウム液を自作する

塩化アルミニウム液は自作できます。塩化アルミニウム・精製水・エタノール・プラスチック製容器さえあれば誰でも作成できますし、私の『食塩水濃度式』を応用した自作方法なら、分量を間違えずに誰でも簡単に作成できます。自作方法にご興味がある方はこの記事を最後までご覧ください。

  • 塩化アルミニウム液の入手方法は4つある
  • 市販の塩化アルミニウム液商品は濃度が低い
  • 皮膚科でも塩化アルミニウム液を取り扱っていないことがあるため要事前確認
  • ネットショップの商品は20%濃度の商品が豊富
  • 塩化アルミニウム液は自作できる

→塩化アルミニウム液よりも副作用が出にくい制汗剤はこちらをクリック

塩化アルミニウム液以外の8つの多汗症治療方法の副作用

汗止めツボは自律神経のバランスを取る治療方法です。ただし、漢方薬と同じく今すぐに汗を止めることはできません。

  • ETS手術/交感神経を元に戻せない、代償性発汗あり
  • ボトックス注射/注射の痛み、数日間の筋肉弛緩
  • プロバンサイン/顔面紅潮や便秘
  • イオントフォレーシス/交通費
  • ミラドライ/保険適用外、再発する可能性あり
  • ビューホット/保険適用外、再発する可能性あり
  • 漢方薬治療/即効性なし
  • 汗止めツボ/即効性なし

最後に、塩化アルミニウム液と他の多汗症治療方法で悩んでいる方のために、8つの代表的な多汗症治療方法の概要とその副作用についても記載していきます。それぞれの治療方法の詳細は各記事をご参照ください。

治療方法1/ETS手術(胸部交感神経遮断手術)

ETS手術は手、脇、顔の多汗症に対して有効な治療方法です。交感神経の束(Th3、Th4)を切除するため、永続的な効果が得られますが、副作用として一度手術すると交感神経を元に戻せないことや代償性発汗が生じます。

治療方法2/ボトックス注射

ボトックス注射は注射によって交感神経からのアセチルコリンを抑制することで汗を抑える方法です。効果はかなり期待できますが、注射の痛みや数日間の筋肉弛緩などの副作用があります。

治療方法3/プロバンサイン

プロバンサインもボトックス注射同様にアセチルコリンの分泌を抑制する内服薬です。しかし、顔面紅潮や便秘などの副作用も生じます。

治療方法4/イオントフォレーシス

イオントフォレーシスは塩化アルミニウム液と似たような原理で、水素イオンで汗線に蓋をして発汗量を抑制します。基本的には病院に通院する必要があるため、交通費がわりとかかってきます。

治療方法5/ミラドライ

ミラドライはマイクロウェーブを利用して汗線を焼く治療方法です。副作用は保険適用外なのと汗線の取り残しがあると再発する可能性があります。

治療方法6/ビューホット

ビューホットは高周波を利用して汗線を焼く治療方法です。副作用は保険適用外なのと汗線の取り残しがあると再発する可能性があります。

治療方法7/漢方薬治療

漢方薬治療は体質改善や自律神経バランスを整えることで汗を抑制する治療方法です。ただし、長期的な継続をしてようやく効果が出てくるので、今すぐに汗を止めることはできません。

治療方法8/汗止めツボ

まとめ

今回は「塩化アルミニウム液の副作用と対策方法」「塩化アルミニウム液以外の8つの治療方法の副作用」などについてお伝えしてきました。

  • 濃度が高ことやアレルギー反応が原因で肌の炎症やかゆみが起こる
  • 体温を下げるための汗の量は変わらないため、代償性発汗が起こる
  • 汗疱状湿疹ができれば治癒するまで使用を中止する
  • アルミニウム脳症は過去の透析脳症事故の拡大解釈
  • 副作用を抑える4つの方法
  • 20%濃度を基準にしつつ、自分に適した最適な濃度と頻度の検証
  • 多汗症治療方法はそれぞれ副作用があるため徹底比較

塩化アルミニウム液は多汗症や汗の悩みを抱える方の多くが一番最初に試す制汗方法です。誰でも買えて、誰でも試せるからこそ何よりも正しい知識が大切です。治療方法の正しい知識を知り、その知識をご自身の体質に当てはめましょう。

一人ひとり体質、骨格、年齢、身長、時期によっては生理や妊娠などが異なるため、今のあなたに適切な塩化アルミニウム液濃度は誰にもわかりません。毎日毎日、何度も何度も試して失敗をして、そうやって検証をすることでしか答えは見つかりません。私もそうやって何度も何度も失敗してきたからこそ、自信を持って私は自分の多汗症体質に向き合うことができています。

多汗症に対してさまざまな治療方法がありますが、どれもメリットやデメリットはあるので、それを踏まえて比較検証をしていきましょう。

    • 下記は塩化アルミニウム液よりも副作用が出にくい制汗剤の『テサランを実際に購入して3ヶ月間使ってみた感想』についての記事です

“今手汗で本気で悩んでいて”、“今すぐ手汗対策をしたい”方は必ずご覧ください。

テサランを実際に使ってみた感想はこちらをクリック▼

【口コミ】テサランを3ヶ月体験した感想!手汗レベル3に効果ある?

特集記事一覧

プロフィール


はじめまして。当サイトを運営しているまっきーです。

(自称)多汗症コンサルタントとして150名以上のコンサルタント経験を持ちます。

10年以上にのぼる医学知識と検証をもとに、汗と臭いの悩みを解決する情報を発信していきます。

サイトマップ