アセキュー

甲子園球場で熱中症の危険?高校野球を観戦する観客の夏対策


はじめまして。僕は高校1年野球部に所属している男子高校生です。僕の夢は来年甲子園に出ることです。僕の5つ年上の兄ちゃんも野球をやっていて、兄ちゃんは甲子園に出たことがあって僕の憧れです。僕の経験談ですが、5年前当時小学生だった僕が、父ちゃんに連れられて兄ちゃんの甲子園の試合の応援に行っていたときに熱中症になったことです。

甲子園球場の応援は日差しを遮るものがないため危険

父ちゃんに連れられて人生初の甲子園球場に来れてすごく楽しかったです。観客席には兄ちゃんの高校の吹奏楽や応援団の人たちもいて、僕たちみたいに野球選手の家族がみんないて、みんなで一緒に応援できてワクワクしました。

初めは僕も興奮して大声で兄ちゃんたちのチームを応援していました。でも、しばらくすると日差しが強いし、それに日差しを遮るものもないので汗がだらだらでずっと耐えていました。僕たち以外の他の観客の人たちもみんな暑そうにしていて、とても苦しそうでした。

それで父ちゃんが持ってきてた帽子をかぶって、首に濡れたタオルをぐるぐる巻いて熱中症にならないようにしたつもりでした。少しだけマシにはなったと思いましたが、試合の時間が経過していくと、どんどん太陽が上に昇ってくるので、帽子とタオルだけだともう我慢の限界でした。

前の観客の人が熱中症。救急車によって搬送される

でも、兄ちゃんたちは相手チームにがんばって勝とうとしているし、応援している僕たちよりも兄ちゃんたち野球選手の方が動いているから暑いはずです。だから僕は汗がだらだらでも我慢し続けて応援してました。

そしたら僕と父ちゃんのすぐ前の観客席で知らないおばさんが倒れたみたいで、人だかりができていました。たぶん熱中症だと思いますが、その後救急車を誰かが呼んだみたいでおばさんは運ばれていきました。

やせ我慢をして水分補給できずに熱中症になる

そのおばさんが運ばれた後、父ちゃんが僕のことすごく心配して熱中症になりそうか聞いてきました。あのとき試合を見続けていたかったので、僕はやせ我慢して嘘をついたのです。父ちゃんに大丈夫アピールをしてそのまま兄ちゃんの試合を応援していました。

でも、気づいたら持ってきていたお茶も空っぽになっていて、でもさっき父ちゃんに嘘ついたばかりでお金をもらうのも情けないと思いました。それで何も飲まずに大声出して応援してしまいました。そしたら、暑かったのに少し寒気がして、頭も痛くなってきて、吐き気もして鳥肌がたってきました。

その後、突然声を出さなくなった僕の様子がおかしいと思った父ちゃんが気づいたそうです。まだ試合の途中でしたが、父ちゃんは僕を抱えて冷房の効いた車の中まで戻って、お茶をもらいました。そのまま僕の体調がよくなるまで車のテレビで試合を見ていました。

甲子園球場で観戦する時の熱中症対策

僕は5年前は観客側でしたが、今は選手側です。あの当時より体も大きくなりましたが、僕の経験から思うのはいくら体が頑丈でも暑さには勝てないことです。観客側で応援するとき、帽子とタオルだけでは全く熱中症対策とはいえないと身をもって痛感しました。

5年前、僕が熱中症になった最大の原因は、父ちゃんに嘘をついて、やせ我慢して、十分な水分補給をしなかったことでした。観客の人に言いたいのですが、僕たち選手の応援に来てくださるのはすごく心強いですし、応援ががんばれるモチベーションになります。でも、観客側に倒れられると僕たち選手側の視界に入ったときにどうしたのかと心配してしまいます。

本当に僕たちを応援したいのであれば、まずは僕みたいにやせ我慢をせずに十分な水分補給や適度に屋内で休憩してもらえると助かります。あとは、甲子園球場は日差しを遮るものがないので服とかで工夫してもらうと少しはマシになると思います。来年、必ず僕は甲子園に出て勝ってみせますので、ぜひ応援よろしくお願いします。

【口コミ】テサランを3ヶ月体験した感想!手汗レベル3に効果ある?

特集記事一覧

プロフィール


はじめまして。当サイトを運営しているまっきーです。

(自称)多汗症コンサルタントとして150名以上のコンサルタント経験を持ちます。

10年以上にのぼる医学知識と検証をもとに、汗と臭いの悩みを解決する情報を発信していきます。

サイトマップ