アセキュー

手汗で後輩とハイタッチできない。会社付き合いの強制野球は地獄


初めまして、こんにちは。私は現在30手前になる普通のサラリーマンです。私は小さい頃から手汗がすごい人間でした。例えば何もしなくても指に汗のかたまりができるほどです。もちろんこの手汗の悩みをお話しますが、具体的には会社の野球部とハイタッチの場面です。

会社の野球チームは強制かつ休日返上

私の会社は古くからある会社で、会社の中に野球チームやフットサルチーム、バスケチーム、バドミントンチームなどスポーツ系の部活があります。特に社長の意向で野球チームは特に力を入れています。そのため私のようにマネージャークラス以上は暗黙のルールで野球チームに強制参加となります。

社会人の人が読まれていると共感して下さると思いますが、一部の社会人には取引会社同士が集まり野球やフットサルを通して会社間の交流を深める付き合いがあるのです。それも休日返上して土曜日や日曜日に朝から夕方まで行われるのです。で、翌日月曜が死にます。

勤務時間外だから休日出勤扱いにして会社から給料が払われるのであれば話は別ですが、私は休日まで返上して野球をしたいのかと言われれば全く興味がありません。むしろ憂鬱なのです。仕事で疲れているのでゆっくり寝たいのが本音です。

ハイタッチすると手汗が飛び、べったり濡らす

自慢をするわけではありませんが、私は高校の野球部では4番を張り、甲子園にも出たことがあります。かつ今はマネージャーでもあるため、うちの会社の野球チームにしてみればまさに宝です。当日試合が開始する前までは憂鬱ですが、社長も見ていますしいざ始まればいい結果は残そうと気合が入ります。そう思うと私はお調子者ですね。

そして、必ずいい結果を出してしまうのが私なのです。二試合に一回はホームランを打ってしまいます。ホームランを打った瞬間は快感ですが、ホームに戻るとうちの会社のチームメイトがうぇいうぇいハイタッチを求めてきます。気持ちはわかります。

しかし、私がハイタッチをしようと手を振り上げるとまず汗が飛ぶ、そんでもってハイタッチをすると上司や役員や社長の手に私の手汗がべったり付きます。ただ、後輩とはハイタッチをしません。高校の頃はこんな気持ちになったことがないのに社会人としてハイタッチをするのは抵抗感があるのです。思い返せばおそらく新卒の頃の衝撃が原因だと思います。

新卒で出た初めての野球試合と暗黙のルール

さきほどマネージャークラス以上は野球チームに強制参加と説明しましたが、私の場合は高校の経歴上新卒の頃から強制出場でした。初めての試合でいきなりホームランを放ち、社会人になって初めてのハイタッチの瞬間でした。まず社長の顔に手汗がふっ飛んでいき、そんでもって当時のマネージャーや役員の方々の手を汗でべったり濡らしました。

ホームランを打ち盛り上がった空気は苦笑いの場へと変わってしまいました。それが私の新卒最初のホームラン後のハイタッチの思い出です。その後私がマネージャーとなった頃に、うちの野球チームにもう一つ暗黙のルールが生まれました。それは私とハイタッチをするのは上司以上のクラスと社長のみです。

【口コミ】テサランを3ヶ月体験した感想!手汗レベル3に効果ある?

特集記事一覧

プロフィール


はじめまして。当サイトを運営しているまっきーです。

(自称)多汗症コンサルタントとして150名以上のコンサルタント経験を持ちます。

10年以上にのぼる医学知識と検証をもとに、汗と臭いの悩みを解決する情報を発信していきます。

サイトマップ