アセキュー

いじめられる名前を改名?手掌多汗症と『汗部』の苗字を持つ息子


はじめまして、自己紹介をさせて頂きます。苗字は『汗部(あせべ)』と申します。私には手掌多汗症の中学1年生の息子がいます。今抱えている問題は、手掌多汗症の体質と『汗部』の苗字のために息子が現在も学校でいじめられていることです。

主人の体質が息子へ。息子は手掌多汗症レベル2の持ち主です。

私は多汗症ではないのですが、主人が手掌多汗症レベル3の持ち主でした。妊娠した際にお医者さまから「ご主人の手掌多汗症の体質が息子さんに遺伝する可能性もあります」と伺っていました。そうなってほしくない思いと裏腹に生まれた息子は主人と同じ手掌多汗症でレベルは1つ下のレベル2と診断されました。

幼稚園まではとくに何もしなくてもよかったのですが、小学校に上がった頃から息子も手掌多汗症のことで少しずつ気にしはじめてきました。主人も同じ経験をした方でしたので、多汗症でない私よりも汗を抑える方法をよくご存知でした。

主人は定期的に病院に通って「イオントフォレーシス」という治療方法を受けていました。そこで息子にも同じようにイオントフォレーシスをすることにしました。決まった日に病院に通って、順番を待っている間は家族みんなでお歌を唄っていました。

主人が交通事故で亡くなりました。

実は主人はもうこの世にはおりません。去年の冬頃、交通事故で帰らぬ人となりました。主人の死亡保険と貯蓄を切り崩して、借りれるところからお金を借りて今は生活をしています。それで、息子の手掌多汗症に対してイオントフォレーシスをしておりましたが、家系が苦しいため苦渋の決断でしたが取りやめることとしました。

息子の手掌多汗症が再発しました。

イオントフォレーシスをしていた頃は息子は手掌多汗症を抑えることに成功していました。満足していた私は多汗症に対してそれ以上に勉強することもせず、どういった治療方法があるのか調べようとしませんでした。

ですが、お金の都合でやめざるを得なくなり、いろいろと手続きも忙しく、他の治療方法を探すことを後回しにしてしまいました。中学に上がった直後から息子の手掌多汗症は再発しました。息子本人もそれまで手掌多汗症のつらさを忘れていた様子で手のひらから汗が止まらないと不安がりはじめました。

息子がクラスでいじめられている事実が判明しました。

今年の6月くらいからです、息子の様子がおかしいと感じるようになりました。4月から入部していた野球部の朝練や放課後の練習に全く参加しなくなりました。自宅ではずっと部屋に引きこもったままで、ご飯ができても顔を出さないことも増えました。

きっと学校で何かあったのだとはわかるのですが、ずっと育ててきてこんな息子を見たことはありません。一緒にご飯を食べている時に息子に聞いてみたのですが、何もないと答えます。しつこく聞くとお茶碗を床に投げつけて、息子の口からは聞きたくもない言葉を浴びせられました。

息子とクラスは別なのですが、幼稚園からお付き合いのあるママ友に尋ねてみました。返ってきたことは「息子さんクラスでいじめられて浮いているそうよ。」と。私の心から予想が外れて欲しかった「いじめという事実」でした。

手掌多汗症と『汗部』の苗字がいじめの原因です。

それで翌日学校に連絡を入れて担任の先生に相談しました。先生も息子がいじめられていることは気づいていたそうで、私はいじめの原因はどうしてですかと尋ねました。先生は心から言いづらそうな表情をして、いじめの原因についてご説明をはじめました。

汗部さん。ご気分を害されると思いますので初めに心からお詫び申し上げます。いじめの原因ですが、息子さんは手に他の子供たちよりも汗をかいてしまいますよね。最初は問題はなかったのですが、授業中もずっとハンカチや服で手をこすっている様子を見て、周りの子供たちの息子さんに対する態度がエスカレートしていったと思われます。また、偶然聞いてしまったことですが、子供たちが息子さんを『汗手(あせで)』と呼んでいました。この件に関しては職員全体で慎重に検討しております。このような事態を招き誠に申し訳ございません。

先生はこのように仰られました。先生の説明を伺って、息子のいじめの原因は、つまり母親である私に全責任があると感じました。主人が亡くなりお金を節約する中で何か一つでも息子に手掌多汗症の治療を探してあげれていれば、また主人の苗字の『汗部』を改名していたら、と思うと息子に申し訳なく感じます。

息子のいじめの問題も、手掌多汗症の治療を安価にできる方法も、『汗部』の苗字を改名する方法も、何も解決していません。ですから、なんとしてでも母親として息子に罪滅ぼしをしていこうと思います。でも、本音を漏らしますとこんなとき主人がいてくれればと心が崩れそうでもあります。

【口コミ】テサランを3ヶ月体験した感想!手汗レベル3に効果ある?

特集記事一覧

プロフィール


はじめまして。当サイトを運営しているまっきーです。

(自称)多汗症コンサルタントとして150名以上のコンサルタント経験を持ちます。

10年以上にのぼる医学知識と検証をもとに、汗と臭いの悩みを解決する情報を発信していきます。

サイトマップ