アセキュー

ETS手術後悔で70万円裁判!代償性発汗で職を失い電車に座れなくなる


50代の女性でございます。私は40代の頃に手汗をどうにかしようと考えまして、近くの大学病院の先生にETS手術というものを施術していただいた者です。おかげさまで生まれてから長年悩んできました手汗は全くかかなくなりました。

しかしながら、手汗をかかなくなってからというものの、臀部辺りからの汗が増えました。そうしたことがありまして、昔知り合いの弁護士さんに裁判をするために相談したことがございました。

ETS手術についてもう少し先生から説明をお願いしたかったです

恥ずかしながら、ETS手術というものはよく存じ上げていませんでした。施術を受ける前に先生から説明は受けたのですが、そういった医学の難しい言葉は頭に入ってきませんでした。先生が説明してくださり、同意書を記載したのが精一杯でございました。

覚えている説明の中で、何度も仰られていたことが「手汗以外にも違うところから汗をかいてしまう方もいます」ということでしたが、私としては一にも二にも手汗を止めたい気持ちが強くありまして、多少なら大丈夫だと思いました。

施術後に違うところからの汗が増えました

ETS手術を受けまして、手汗は止まりましたが、臀部辺りからの汗が増えました。もちろん、先生が仰っていたことですので最初は仕方がないものだと受け入れようとしました。ですが、私が考えていた汗の量とは全く異なる多さに驚きまして、ひどく不安に感じました。

先生にそのことを相談しますと、「事前に説明しましたので」の一点張りでした。たしかにそうですが、ここまで汗が増えるのであればもう少し慎重に考えていたと後悔しました。主人にそのことを話しまして、主人の友人である弁護士さんに裁判を起こしていただけないか相談しました。

ETS手術に関する裁判が非常に多い事実が判明しました。

その弁護士さんに直接お会いしまして事の顛末を語りました。そうしますと、弁護士さんは「近頃ETS手術の関する裁判を起こして欲しい要望が多くきています。ご協力します。」と仰ってくださいました。それから裁判の準備をしまして、お医者さん側の説明不足だと判断されまして最後には70万円ほど勝ち取ることに成功しました。

裁判には勝ちましたが、職を失い、電車にも座れなくなりました

実は私はETS手術後に職を失いました。ETS手術の施術前ですと、お勤めしていた会社の経理にいたのですが、臀部からの汗が増えまして長時間座っていることができなくなりました。座って作業をしていますと、制服がどうしても濡れてしまいまして、とても恥ずかしくなってしまい、人の多い会社にはいられないと退職しました。

また、それだけではありません。実は電車にも座れなくなりました。あるとき電車の座席に座っていますと、立ち上がった際に私の座席だけ明らかに濡れてしまっていたのです。本当に恥ずかしくなりまして、それ以来一度も電車の座席に座っておりません。

    • 下記はETS手術後に起こった代償性発汗を抑制することができる制汗剤の『テサランを実際に購入して3ヶ月間使ってみた感想』についての記事です

“今代償性発汗による汗で本気で悩んでいて”、“今すぐ汗対策をしたい”方は必ずご覧ください。

テサランを実際に使ってみた感想はこちらをクリック▼

【口コミ】テサランを3ヶ月体験した感想!手汗レベル3に効果ある?

特集記事一覧

プロフィール


はじめまして。当サイトを運営しているまっきーです。

(自称)多汗症コンサルタントとして150名以上のコンサルタント経験を持ちます。

10年以上にのぼる医学知識と検証をもとに、汗と臭いの悩みを解決する情報を発信していきます。

サイトマップ