アセキュー

危険な熱中症予防!アクエリアスやポカリスエットで水分補給をしよう

夏は何もしなくてもじわじわと汗が滲み出してきて、すぐにのどが渇いてしまいます。のどが渇くということは体内の水分が失われている証拠となりますので、誰しもが水分補給は大切だと考えているはずです。

中学生、高校生、大学生、あるいは社会人やお年寄り、そしてママやパパ自身でも熱中症になってしまう可能性が高いです。特に赤ちゃんや小さなお子さんをお持ちのママやパパの場合は、子どもが自分で水分補給をするのが困難なため、脱水症状にならないか、熱中症なんじゃなかと常に心配なされる方は少なくはありません。

のどが渇いた時に声に素直に水分補給ができればいいですが、いつの間にか子どもが脱水状態になっていて急に倒れてしまったという経験はありませんか?今回は、「熱中症予防の予防方法」と「熱中症時の応急処置」についてお伝えしていきますので、ぜひ、ご覧ください。

熱中症とは?


熱中症とは、気温や湿度が高かったり風が弱いなどの高温多湿の環境下で、外仕事(ハードワーク)や運動をした際に、人間の体が適切に対応できないことで起こるさまざまな症状のことです。さまざまな症状とは、めまい、頭痛、立ちくらみ、顔がほてる、吐き気、脱水症状、けいれん、汗の異常発汗や、失神などが挙げられます。

平常時は体温が上がると、エクリン腺から発汗を行い、その汗が蒸発することで体温を下げて体温調節しています。しかし、高温多湿の環境下の場合、体温が上がるスピードが異常に早くなり、体温調節機能が正常に機能せず体内に熱がこもったまま、もしくは大量の汗を汗をかくことで体内の水分とミネラルなどが一気に失われます。

また、汗をかく際は血管の拡張も同時に行われるため、全身を流れる血液の量とスピードの低下を招き、低血圧に陥りやすくなります。先ほど、熱中症の症状の例でめまい、頭痛や失神などを挙げましたが、脳へ流れる血液が低くなったことが原因です。

こうした、高温多湿の環境下における異常な発汗や体温調節機能の機能不全、あるいは血圧の低下などが原因で熱中症は引き起こされます。そのため、熱中症対策が非常に重要なものになります。

水分補給の重要性と危険性


熱中症は「単なる汗のかきすぎ」という問題ではありません。上記のように体内の水分とミネラルやナトリウムなどが失われるため、さまざまな諸症状が出てきます。その諸症状の処置が遅くなり最悪かけがえのない命を失うことも十分にあるため、水分補給が大切となります。

そして、水分補給をする際に考慮しなければいけないことは、「飲料100ml中にナトリウムが35~50mg含まれているもの」となります。

アクエリアスとポカリスエットの体液優位性


水分補給の重要性と危険性を理解しましたら、次によく水分補給に使われるスポーツ飲料についてみていきます。代表的なアクエリアスとポカリスエットを例に説明していきますが、まずはそれぞれの100ml当たりの成分の違いをお伝えします。下記の表は各メーカー公式ページの成分を表に表したものになります。

この表からわかるように、マグネシウムを除いてアクエリアスよりもポカリスエットの方が100ml中に含まれる成分が総合的に高いことが証明できます。また、水分補給の最重要成分であるナトリウムも、ポカリスエットの方が9mg多いことになります。次は、それぞれの原材料比較をしてみます。

原材料比較をするとアクエリアスとポカリスエットはどういう目的で製作されているのかはっきりと見えてきます。具体的には、ポカリスエットは「砂糖」「食塩」「アミノ酸」が原材料にあるため、製品目的は「体液に近い飲料」ということです。

一方で、アクエリアスは「クエン酸」「アルギニン」が原材料にあるため、製品目的は「疲労時の回復飲料」ということです。人間が運動をしていて疲労を感じる時は乳酸がたまっていたり、血液の流れが悪くなっている可能性があるため、クエン酸やアルギニンが必要となります。

まとめると、アクエリアスとポカリスエットでは水分補給としては体液に近くナトリウムも多いポカリスエットの方が吸水性に優れています。一方で、ランニングやバドミントンなど激しい運動で疲労している状況下での水分補給はアクエリアスの方が優れています。

熱中症の予防方法

それでは熱中症の予防方法についてお伝えしていきます。繰り返しになりますが、熱中症の原因は高温多湿下における異常な発汗や体温調節機能の機能不全などのため、その事態に陥らない取り組みが必要となってきます。

予防方法1/体温調節機能の機能のメンテンス

最も重要な予防方法となります。体の中に水分やナトリウムなどが不十分な状態であったり、ホルモンバランスや精神が不安定である状態はなるべく避けなければなりません。よく「のどが渇いた時に水分補給をします。」方もいますが、のどが渇く状態は既に軽い脱水状態になっています。

基本的に水分補給のタイミングは排尿、発汗、呼吸、運動など体外に水分が失われるタイミングで、都度のどが渇いていなくてもコップ一杯(200ml)程度は摂りましょう。また、一日3食はしっかり栄養バランスが取れた食事をするようにしましょう。

また、毎日そうめんだけ、いつも食パンだけ、時間がないからコンビニの弁当だけと偏った食生活を続けてしまうと、体温調節機能の機能が崩れるだけでなく、体内の金属バランスが崩れて金属アレルギーなどの症状も出てくる可能性が高いです。

そして、人間の睡眠時間は一日6~7時間が目安とされますが、仕事の残業や子どもの育児をしていると睡眠時間が十分に取れず、自律神経が崩れてしまいます。自律神経の乱れも体温調節機能の機能に影響が出てくるため、しっかり睡眠も意識しましょう。

予防方法2/毎日の日常環境や衣類への意識がけ

私たちは、自宅のベッドで寝て、起きたら子どもは学校や大人は会社に行き、最後はまた自宅に帰ってきます。そのため、毎日身を置く自宅の環境や、外出先、あるいは着ている衣類などを意識する必要があります。一つ質問します。

Q.今、あなたがいる場所の湿度や気温は何℃でしょうか?

「暑い」「普通」「寒い」としか考えていない場合は、非常に危険です。子どもにとって室温は何℃がいいのか考えたことはありますか?例えば赤ちゃんに適した室温温度は、夏場は26℃~28℃、冬場は22℃~23℃といわれますが意識したことはありますか?

環境省は夏場でも28℃が室温気温の目安だといいましたが、26℃でも大丈夫です。ただ、冷房19℃で、扇風機もかけて部屋中を冷やす生活をしていると、体温調節機能の機能は低下していきます。

また、衣類に関してですが、夏場は麻や綿などの通気性や吸水性、できれば速乾性もある材質を選ぶことで、汗をかいたときに体温が調整しやすくなります。速乾性があるとあせもや風邪の予防にもつながるので、通気性・吸水性・速乾性は意識していきましょう。

予防方法3/冷却グッズや計画的に休憩を入れる

子どもの運動会や地域のお祭りに行った際に、野外ですのでエアコンによる調整は難しくなります。炎天下の中ということも考えられるので、水分補給だけでなく冷却グッズなどを使用して血液を冷やすことも重要です。

例えば首筋の頸動脈に熱冷ましシートや冷たいタオルを巻くことで血液が冷えて体温調整をすることができます。冷却グッズは100円ショップに豊富にバリエーションがあるので安く仕入れることができます。また、日差しが強い場合は帽子をかぶるなど直接頭皮や肌に日差しがあたらないようにしてください。

そして、真面目な性格の人ほど一つの作業に対して終わるまで休憩を入れないで続けてしまう傾向がありますが、ちゃんと休憩を入れましょう。

例えば、野外で雑草を抜くような際、どうしても炎天下の中作業を行うことになります。敷地が広い場合は「今日の作業は15時~17時まで、休憩は16時~16時半まで、残った分は明日15時から再開する」と事前に決めます。

そうすることで、自分の頭の中で具体的な行動もイメージできますし、事前に無理のない範囲で休憩を決めているので倒れることもありません。逆に、何の計画も立てず作業をした場合、終わりが見つからず、気づいたときには脱水状態が深刻になっている可能性もあります。

脱水状態のチェックポイント


次は「意識していないけど実は脱水状態」の疑いがある場合のチェックポイントについてお伝えしていきます。脱水状態にならないことで熱中症は防ぎやすくなります。下記脱水状態のチェックポイントとなります。

チェックポイント

1.飲む量に対してトイレの回数が少ない
2.便秘状態が続く
3.肌の乾燥したりハリがない
4.食欲不振
5.元気がなく気だるげ
6.暑いと感じても汗が出てこない
7.唇がカサカサする
8.唾液が少なくなる
9.ボーとして、記憶がおぼろげ
10.排尿時の色が茶色っぽくなる
11.一週間で4%以上体重が落ちた

上記に共通することは、いずれも「脱水=体内の水分不足」であり、体内の水分が不足した場合に起こりやすい症状ということです。お子さんやあなた自身に1~11のどれかにあてはまるようなら脱水状態を疑ったほうがいいです。

熱中症時の応急処置マニュアル


熱中症は体内の熱がこもったまま下がらず、非常に危険な状態です。軽い熱中症なら水分補給をしっかりして、時間が経てば動けるようになりますが、重度の場合は自分で動くこともできず急ぎ病院でお医者様に診ていただく必要があります。まずはご自身の応急処置の理解度を感じてください。

Q.屋外で目の前に熱中症で倒れている人がいます。あなたはカバンの中にポカリスエットがありますが、最初に取るべき行動はどれでしょうか?
1.ポカリスエットを与えて水分補給をする。
2.とりあえず、木陰に避難させる。

あなたはどちらの行動を選びましたか?もしあなたのお子さんが目の前で倒れて、今すぐ正しい応急処置をしなければならない時に「私にはわからない」と何もしないでいてもいいのでしょか?下記、大切な応急処置になりますので、ご興味があればお読みください。

応急処置1/直射日光を避けて、涼しい場所に避難させる

「まずは水分補給」ではありません。繰り返しますが、熱中症の場合は今すぐにでも体の中熱を下げることが最重要課題となりますので、炎天下の中での処置はダメです。例えば、火で指をやけどしたのに火の中でやけどの応急処置をしますか?

まずは、火から遠ざけて、応急処置ができる環境づくりが必要となります。野外の場合は直射日光を避けることができる陰がある場所へ、屋内の場合は風通しがいい場所や冷房が効いている部屋など涼しい場所へ移動させます。

応急処置2/衣類を脱がして体の熱を逃がしやすくする

衣類を着ていると肌と衣類の間で熱がこもってしまいます。最低限のプライバシーさえ守れば、なるべく衣類は脱がしてあげましょう。命のほうが大事です。

応急処置3/頸動脈や太い血管を冷却する

首筋、脇、足の付け根などには太い血管があります。太い血管を保冷剤、水で濡らしたタオル、あるいはハンカチやうちわで仰いで冷やしてください。こうすることで血液を冷やして体内の熱を下げることができます。

応急処置4/水分補給をさせる

知識がない方だと「まずは水分補給をさせなければ」、と焦って倒れているその場で水分補給をさせてしまいますが、そうではありません。ここまで応急処置ができる環境を作って、ようやく水分補給をさせます。

水分補給をする際は、ナトリウムやミネラルが多く含まれるスポーツ飲料がベストです。ただし、熱中症の症状で吐き気、失神しているなどの場合は、無理やり水分補給をさせると気道に入り二次被害を生みかねません。

あくまでも本人が意識があり、飲んでも大丈夫そうなら水分補給をさせてあげてください。この4つの応急処置で終わるのではなく、しっかりと救急車を読んで病院でお医者様に診せさせてください。

まとめ

今回は、「熱中症予防の予防方法」と「熱中症時の応急処置」のテーマに沿ってお伝えしてきました。日常の生活環境や食事、睡眠時間の捻出など脱水症状を未然に防ぐためにできることはたくさんあります。また、脱水症状だと疑う場合も、脱水によって起こる症状を考えれば自ずとチェックポイントが見えてきます。

熱中症は体の発達が未熟な小さなお子さんが非常になりやすいものですが、私たち大人も誰もがなる可能性が極めて高いものとなります。そして、「誰もがなるから別に熱中症は怖くない」と考えてはいけません。熱中症により体内の水分が欠乏することで人間の命は簡単に失われてしまいます。

また、熱中症の応急処置が不適切なばかりに救えていた命も救えなくなります。「日頃どういう環境で生活しているのか」「自分の体のバランスはどこかおかしくないか」「脱水状態や熱中症の予防や対策方法を理解しているのか」などをしっかりと意識して、みんなで助け合って生きていきましょう。

【口コミ】テサランを3ヶ月体験した感想!手汗レベル3に効果ある?

特集記事一覧

プロフィール


はじめまして。当サイトを運営しているまっきーです。

(自称)多汗症コンサルタントとして150名以上のコンサルタント経験を持ちます。

10年以上にのぼる医学知識と検証をもとに、汗と臭いの悩みを解決する情報を発信していきます。

サイトマップ