アセキュー

運転中の脇汗と手汗で車が大炎上!運転中の汗は滑るし本当に危険です


私は32歳、独身の女性です。仕事はあるメーカーの事務員をしています。趣味は仕事でたまったストレスをドライブで発散させることです。ドライブが趣味な私ですが、実はかつてドライブ中の脇汗と手汗が気になって、ガードレールに突っ込んで、車は大炎上、命をなくしかけた経験があります。そのことについてお話します。

高速道路で手汗と脇汗が異常に出ていました。

ドライブが好きな私ですが、車を運転していると脇汗と手汗がすごく出てきます。もともと精神性の汗はかきやすい人間で、プレゼンや人前でのスピーチをするときも脇汗と手汗が出てきます。ドライブは好きなのですが、それなりに緊張はしていますし、運転に慣れていても無意識で事故をしないよう気をつけているのだと思います。

私はミッション免許を19歳で取りました。免許を取って4ヶ月後にレンタカーを借りて、一人でドライブに行きました。初めてのドライブでまだ慣れないせいもあってか、教習所では出たこともないほど脇汗と手汗が出ており、せっかくだけどドライブ中止にしようかと悩んでいました。

「よし、中止しよう。」と思い、引き返そうとしたのですが、そのときには既に高速のインターに入っており、引き返すことができなくなっていました。流れのまま高速に入ってしまい、パニック状態に陥りました。「早く降りなければ。」と思い、どこかで出られないかと必死に視線を泳がし、どうにかして高速を降りる道に入ることができました。

そこで一安心して気を緩めると、ハンドルから異常なほど汗がしたたり落ちており、スカートの上はびちゃびちゃになっていてシミができていました。着ていたシャツの脇部分も気持ち悪いほど汗で濡れていました。それほどまでに私の精神は追い詰められていました。

脇汗と手汗に気を取られてはいけません。紅い世界

私は次の瞬間強い衝撃とともにものすごい勢いで「飛んだ」感覚が襲ってきました。気がついたときは私の視界は世界が逆さまで、紅い世界でした。その時の感情は「死にたくない。」だけで無我夢中だったこと、それ以上は何も覚えていません。気がついたら私は運ばれた救命病院でICUに入っていました。その後1年間の入院を経験したことがあります。

後で警察の方から事情聴取のときに聞いたことですが、私は高速を出た後ガードレールに突っ込み、その勢いが強くガードレールの向こう側へ落ち、車も大炎上したそうです。私は記憶は断片的にしかありませんが、警察の方が事故現場を分析したところそのようだと思います。

運転中のよそ見はダメです。制汗グッズで事故防止。

私が言うのも説得力はありませんが、ドライバーの方は運転中に手汗や脇汗が気になってもなるべくよそ見をしないでいただきませんか。私と同じように、運転中に脇汗と手汗が気になる方もたくさんいると聞いていますが、同じように事故を起こしてほしくはありません。

今の私はネットで購入した「TESARAN」を使ってドライブ中の制汗対策をしています。他にも手袋をしたり、薬局やネットでもいろいろ制汗グッズはあるので、事故を起こさないためにも何かしらの対策をしていきましょう。

    • 下記は手汗用制汗剤の『テサランを実際に購入して3ヶ月間使ってみた感想』についての記事です

“今手汗で本気で悩んでいて”、“今すぐ手汗対策をしたい”方は必ずご覧ください。

テサランを実際に使ってみた感想はこちらをクリック▼

【口コミ】テサランを3ヶ月体験した感想!手汗レベル3に効果ある?

特集記事一覧

プロフィール


はじめまして。当サイトを運営しているまっきーです。

(自称)多汗症コンサルタントとして150名以上のコンサルタント経験を持ちます。

10年以上にのぼる医学知識と検証をもとに、汗と臭いの悩みを解決する情報を発信していきます。

サイトマップ