アセキュー

脇汗はピンク色の人生を歪ませる?脇汗で悩む真っ黒女がここにいます


私の年齢は38歳、一応女性です。私はいつも黒系統の服で過ごしています。持っている服もモデルや雑誌に載っているようなきれいめの服ではなく、ほとんど黒です。なぜこれほど私が黒系統の服にこだわるのか気になる方もおられると思います。

その理由は私が脇汗をたくさんかくからです。生まれたときからたくさん脇汗をかく体質で、少し動くと体温が上がってしまい、脇汗が出てきます。そこで、脇汗をかく私からみなさんへこういった悩みがあるんですってお伝えしていきます。

私だって「女の子」になりたかった。

私だって女の端くれですので、もちろんこどもの頃は、モデルさんみたくかわいい服やおしゃれな服を着たいなーって思っていました。白やピンクのワンピース、かわいいスカートをはいてお出かけをしたいと思って、お母さんにおねだりをしたこともあります。買ってもらったワンピースを着てお友達とショッピングに行ったり、女の子になりたかったんです。

でも、私は世間一般の女の子の道を諦めました。夏に入るかどうかという時期でした。はじめてお母さんに買ってもらったピンクのワンピースを着てでかけたあの日に、今につながる最初の出来事がありました。

脇汗をかくとおしゃれな服は着れません。

近くのデパートの服屋を友達と楽しんでいたのですが。休憩しようと声が上がり、スターバックスでケーキとアイスコーヒーを頼み、おしゃべりをしていました。しばらくおしゃべりをした頃、正面の友達が私に対して「なんか脇についているよ?」と声をかけました。「何だろう?」と思い脇を見てみると、脇の部分が濡れてシミになっていました。

それもピンクのワンピースでしたから、すごく目立ってしまっていたんです。顔はそこまで汗をかいていなかったので、暑いとは思っていませんでした。でも、気が付かないうちに私は脇汗をすごくかいていて、言われるまで気づかなかったんです。そのときがきっかけで、私は脇汗をなんとかしようと思って、脇汗パッドをつけるようになりました。

脇汗は私の人生を狂わせました。

他の子より私は脇汗をかくんだって気づいて、脇汗パッドを付けたのはいいんですが、運動したり気温がほんとに高いと脇汗パッドの吸収以上に脇汗をかいてしまいました。そのことに気づいたのが中学生ではじめてできた彼氏とのデートでの別れ際でした。一緒に自転車で夏の海に行って水着を着ていたときは気にしなかったのですが、帰りに私の家の前まで着いたときに、彼から「お前脇のとこ濡れてね?」と言われたのを覚えています。

脇汗パッドは確かに入れていたのに、そんなの意味ないと感じて、私はそれ以来、自分がやっていた脇汗対策は意味がなかったんだとショックでした。同時に、私はもうおしゃれな服は着てはいけないと思い込むようになりました。そうして今の私は黒系統の目立たない服しか着ない女になったのです。そんな私は恋愛をしたいとも思わなくなりました。

ただ、みなさんに同じことはしてほしくないと思っています。黒い服ばかり着ていると気持ちもどうしても暗くなってしまいますし、一女性として男性から好まれないことになります。今は私の頃と違って、いろいろな手術やいろいろな制汗剤もありみなさん使っているので、ほんとうは私の汗脇もなんとかなるのかもしれませんが、もう私は脇汗対策も恋愛も、幸せをもう諦めてしまった側の人間です。

【口コミ】テサランを3ヶ月体験した感想!手汗レベル3に効果ある?

特集記事一覧

プロフィール


はじめまして。当サイトを運営しているまっきーです。

(自称)多汗症コンサルタントとして150名以上のコンサルタント経験を持ちます。

10年以上にのぼる医学知識と検証をもとに、汗と臭いの悩みを解決する情報を発信していきます。

サイトマップ